筒井竹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
筒井 竹雄
Tsutsui Takeo.JPG
筒井 竹雄 1953年
生誕 1902年5月20日
日本の旗 日本 和歌山県
死没 (1968-09-15) 1968年9月15日(66歳没)
所属組織 No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1950 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1957(陸自)
最終階級 JGSDF Lieutenant General insignia (a).svg 陸上幕僚長たる陸将
テンプレートを表示

筒井 竹雄(つつい たけお、1902年明治35年)5月20日 - 1968年昭和43年)9月15日)は日本官僚及び陸上自衛官。初代陸上幕僚長

経歴[編集]

和歌山県出身。筒井熊吉の長男として生まれる。和歌山中学第五高等学校を経て、1927年(昭和2年)3月、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。1925年大正14年)11月、高等試験行政科試験に合格。

1927年(昭和2年)4月、朝鮮総督府属となり内務局に配属。以後、専売局属、咸鏡南道地方課長、京畿道学務課長、咸鏡北道警察部長、警務局図書課長、内務局地方課長、黄海道知事などを歴任し、終戦を迎えた。

シベリア抑留を経て1950年(昭和25年)4月に帰国。同年12月、警察予備隊に入隊。1951年(昭和26年)10月、ルース台風に際して日本初の災害派遣を行なった(当時第4管区総監)。帰宅しようとしていたところ普通科第11連隊の副隊長達に捕まり直訴を受け、総隊総監部を通じて意見具申を行ない、出動が決まった。

1954年陸上自衛隊発足時、初代陸上幕僚長を務めて退官した。

年譜[編集]

  • 1927年(昭和2年)4月:朝鮮総督府属任官
  • 1945年(昭和20年)
5月:朝鮮黄海道知事に任命される。
8月:終戦にともない赤軍が進駐し、その後、シベリア抑留される。
12月29日:第4管区総監(現在の第4師団長)に就任

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1968年(昭和43年)9月15日

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』本紙第7369号(昭和26年8月2日)
  2. ^ 『官報』本紙第12532号(昭和43年9月20日)
  3. ^ 『官報』本紙第12531号(昭和43年9月19日)

参考文献[編集]