浦田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦田 一郎(うらた いちろう、1946年 - )は、日本法学者。専門は憲法学。主にフランス憲法や、平和主義について研究している。一橋大学名誉教授、前明治大学法学部教授民主主義科学者協会法律部会理事長。全国憲法研究会代表、憲法理論研究会運営委員長等を務めた。法学博士

人物[編集]

大阪府豊中市生まれ。一橋大学法学部在学中に旧司法試験に合格。フランス憲法などが専門の杉原泰雄教授の指導の下、一橋大学大学院法学研究科を修了し[1]、一橋大学大学院法学研究科教授を務めた。

ヨーガ落語自転車ファッションが趣味で、大学では憲法の講義の他、ヨーガの授業なども行った[2]。 指導学生に多田一路立命館大学教授)、齊藤笑美子茨城大学准教授)など。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1974年 山形大学教養部専任講師(文部教官)
  • 1978年 同助教授昇格
  • 1983年 一橋大学法学部助教授に異動
  • 1987年 同教授昇格
  • 1991年 日本学術会議公法学研究連絡委員
  • 1999年 一橋大学大学院法学研究科教授(改組)、文部科学省視学委員
  • 2002年 一橋大学大学院法学研究科長・教授
  • 2004年 憲法理論研究会運営委員長
  • 2008年 明治大学大学院法務研究科法務専攻教授
  • 2009年 全国憲法研究会代表
  • 2010年 一橋大学名誉教授
  • 2011年 明治大学法学部・大学院法学研究科公法学専攻教授に異動
  • 2012年 民主主義科学者協会法律部会理事長
  • 2017年 明治大学法学部・大学院法学研究科公法学専攻教授を定年退職

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『シェースの憲法思想』(勁草書房、1987年、学位論文)
  • 『現代の平和主義と立憲主義』(日本評論社、1995年)
  • 『立憲主義と市民』(信山社、2005年)
  • 『自衛力論の論理と歴史 憲法解釈と憲法改正のあいだ』(日本評論社、2012年)
  • 『政府の憲法九条解釈 内閣法制局資料と解説』(信山社、2013年)

共著、共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「昭和46年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  2. ^ 「楽で気持ちの良いこと―ヨーガとスポーツ」一橋スポーツ26号

外部リンク[編集]