加藤一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

加藤 一彦(かとう かずひこ、1959年 - )は、日本憲法学者東京経済大学現代法学部教授。学位博士(法学)(論文博士・獨協大学)。政党法制、選挙法制の専門家。山内敏弘一橋大学名誉教授)の弟子の一人。元憲法理論研究会事務局長[1]

経歴[編集]

  • 獨協大学法学部卒業
  • 獨協大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
  • 明治大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得。
  • 1993年 東京経済大学経済学部専任講師を経て、助教授
  • 1998年 ドイツ連邦共和国/ゲッティンゲン大学客員研究員(1999年迄)
  • 2000年 東京経済大学現代法学部助教授
  • 2002年 東京経済大学現代法学部教授、憲法理論研究会事務局長
  • 2004年 博士(法学)(獨協大学)(学位論文「政党の憲法理論」)[2]

活動[編集]

所属学会等[編集]

著書[編集]

  • 『政党の憲法理論』(有信堂弘文社、2003年5月、単著)(博士論文)
  • 『ドイツの憲法判例』(第2版)(信山社、2003年12月、共著)
  • 『新現代憲法入門』(法律文化社、2004年4月、共著)
  • 『現代憲法入門ゼミ50選』(北樹出版、2005年4月、編著)
  • 『ドイツの憲法判例II』(第2版)(信山社、2006年4月、共著)
  • 『議会政治の憲法学』 (日本評論社、、2009年、単著)
  • 『新憲法判例特選』(敬文堂、2013年4月、編著)
  • 『立憲平和主義と憲法理論』(法律文化社、2010年5月、編著)
  • 『〔改訂二版〕教職教養憲法15話』(北樹出版、北樹出版、2014年3月、単著)
  • 『憲法〔第二版〕』(法律文化社、2014年6月、単著)
  •  『新4版現代憲法入門講義』(北樹出版、2015年3月、編著)

  他、議会政治関連の論文・共著多数

出典・脚注[編集]

  1. ^ [1]憲法理論研究会
  2. ^ 政党の憲法理論 加藤一彦”. 国立国会図書館. 2013年9月3日閲覧。