山内敏弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 敏弘(やまうち としひろ、1940年1月3日 - )は、日本の法学者一橋大学名誉教授。専門は憲法。「立憲平和主義」研究を主業績とする。法学博士(一橋大学、1967年)。元全国憲法研究会代表。

経歴[編集]

山形県東田川郡大和村出身。愛知県起町立起中学校から愛知県立一宮高等学校を経て、1958年に一橋大学法学部に入学。田上穣治のゼミナールに所属していた[1]。卒業後は一橋大学大学院法学研究科修士課程・同博士課程と進み、1967年9月に博士課程を修了。法学博士(一橋大学)。

1968年4月に獨協大学法学部専任講師となり、1972年4月に同助教授に、1977年4月には同教授に昇任。1983年8月にはドイツ・フランクフルト大学に留学した。

1994年4月には獨協大学名誉教授の称号を受けるとともに、母校の一橋大学に戻り、同法学部教授となる。1995年7月、プリンストン大学客員研究員を務めた。

1999年4月に一橋大学大学院法学研究科教授となり、2000年5月に同法学研究科長・法学部長に就任。2003年4月一橋大学を定年退官し、名誉教授となる。同時に龍谷大学法学部教授に就任。2005年から2010年3月まで龍谷大学大学院法務研究科法務専攻教授。この間法学館憲法研究所客員研究員も務めた。

学外における役職として、日本公法学会理事(1992年 - 2001年)、憲法理論研究会運営委員長(1994年 - 1996年)、全国憲法研究会代表(2001年 - 2003年)を務めている。指導学生に加藤一彦等。

なお、2018年4月7日に東京都北区で開催された九条の会集会にて、「現行憲法において、自衛隊公共の福祉に反するから徴兵制は憲法違反になっているが、(自民党のような)自衛隊を明記する憲法改正によって、自衛隊は公共の福祉に適合することになって、徴兵制は合憲となる。」という自説を披露した。[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『平和憲法の理論』(日本評論社、1992年)
  • 『人権・主権・平和――生命権からの憲法的省察』(日本評論社、2003年)
  • 『立憲平和主義と有事法の展開』(信山社、2008年)

共著[編集]

  • 横田耕一)『現代憲法講座(上・下)』(日本評論社、1985年)
  • 古川純)『憲法の現況と展望』(北樹出版, 1989年/新版、1996年)
  • (古川純)『岩波市民大学人間の歴史を考える (13) 戦争と平和』(岩波書店、1993年)
  • 樋口陽一辻村みよ子)『憲法判例を読みなおす――下級審判決からのアプローチ』(日本評論社、1994年/改訂版、1999年)
  • 太田一男)『現代憲法大系 (2) 憲法と平和主義』(法律文化社、1998年)

編著[編集]

  • 『日米新ガイドラインと周辺事態法――いま「平和」の構築への選択を問い直す』(法律文化社、1999年)
  • 『有事法制を検証する――「9・11以後」を平和憲法の視座から問い直す』(法律文化社、2002年)
  • 『新現代憲法入門』(法律文化社、2004年)

共編著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]