日本公法学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本公法学会(にほんこうほうがっかい、: Japan Public Law Association)は、憲法行政法国法学及びこれらに関する諸部門を含む、公法に関する研究及びその研究者相互の協力を促進し、かねて外国の学界との連絡を図ることを目的として、1948年に創設された学術組織である。

概要[編集]

会員数は約1300名[1]。毎年、秋に総会を開催しており、研究報告、シンポジウム、公募による報告などが行われている。また、総会での報告や公募論文、学界展望をまとめた学会誌『公法研究』(有斐閣、ISSN:03873102)を発行している。なお、本学会の事務所は東京大学法学部研究室内に置かれている。

役員[編集]

理事長[編集]

理事[編集]

監事[編集]

(50音順、2013年8月現在)[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本学術会議 第6回幹事会 平成17年12月22日
  2. ^ 『公法研究 第75号』(2013.10)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]