鈴木秀美 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 秀美(すずき ひでみ、女性、1959年9月 - )は、日本の憲法学者大阪大学大学院高等司法研究科教授を経て、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授。専門領域は、メディア法、憲法、比較憲法。

静岡県生まれ。発掘!あるある大事典の捏造報道をきっかけに、2007年6月から1年間、関西テレビ社外取締役も務める。

学歴[編集]

  • 1985年 慶應義塾大学法学部首席卒業
  • 1987年 慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了
  • 1990年 慶應義塾大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学
  • 2001年 博士(法学)(慶應義塾大学)(学位論文「放送の自由」)

職歴[編集]

  • 1991年 慶應義塾大学新聞研究所研究員
  • 1992年 北陸大学法学部講師
  • 1996年 北陸大学法学部助教授
  • 1998年 広島大学法学部助教授
  • 2001年 広島大学法学部教授
  • 2002年 日本大学法学部教授
  • 2004年 大阪大学大学院高等司法研究科教授
  • 2015年 慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授

学会・研究会[編集]

  • 日本公法学会
  • 日本マス・コミュニケーション学会
  • 情報通信学会
  • 比較憲法学会
  • 比較法学会
  • 日独法学会
  • ドイツ憲法判例研究会(代表、2013年4月〜)
  • 全国憲法研究会
  • 憲法理論研究会
  • 関西憲法判例研究会

主要著作[編集]

社会における活動[編集]

  • 2006年10月〜2014年9月 大阪府「情報公開審査会」委員(途中、何年か会長も務める)
  • 2009年7月〜 関西テレビ「オンブズ・カンテレ委員会」委員(現在に至る)
  • 2011年4月〜 毎日新聞「『開かれた新聞』委員会」委員(現在に至る)
  • 2011年10月〜 大阪弁護士会「懲戒委員会」委員(2014年9月まで)

外部リンク[編集]