糠塚康江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

糠塚 康江(ぬかつか やすえ、1954年 - )は、日本法学者憲法)。東北大学大学院法学研究科教授日本学術会議会員。元憲法理論研究会運営委員長。山川菊栄賞受賞。

人物[編集]

静岡県出身。静岡大学人文学部卒業。一橋大学大学院法学研究科修士課程修了。同博士後期課程単位取得法学博士一橋大学)の学位を取得。

一橋大学法学部助手、関東学院大学法学部専任講師、助教授、教授を経て、東北大学大学院法学研究科教授。2007年山川菊栄記念会山川菊栄記念婦人問題研究奨励金山川菊栄賞受賞。2011年第11期日本学術会議連携会員。2012年憲法理論憲研究会運営委員長[1][2][3]。2016年日本学術会議第一部会員。

著作[編集]

受賞[編集]

  • 山川菊栄記念会山川菊栄記念婦人問題研究奨励金山川菊栄賞(2007年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [1]researchmap
  2. ^ 「著者について」『パリテの論理 ― 男女共同参画の技法』信山社(2005/11/10)
  3. ^ 「歴代代表・事務局長」憲法理論憲研究会
先代:
水島朝穂
憲法理論研究会運営委員長
2012年 - 2014年
次代:
長谷川憲