毛利透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利 透(もうり とおる、1967年 - )は、日本憲法学者京都大学大学院法学研究科教授。英米法系全盛・判例評釈中心の日本の公法学界にあって、ドイツ国法学系の憲法理論を展開している。京都府出身。

経歴[編集]

東京大学では樋口陽一の指導を受ける。筑波大学時代には、ドイツのフランクフルト大学に留学し、インゲボルク・マウス教授に師事。

京都大学の佐藤幸治教授の定年退官に伴い、佐藤の強い推薦で京都大学に移った。

2003年、京都大学博士(法学)。学位論文「民主政の規範理論 : 憲法パトリオティズムは可能か」。

主な著作[編集]

  • 『民主政の規範理論 憲法パトリオティズムは可能か』(勁草書房、2002年)
  • 『表現の自由―その公共性ともろさについて』(岩波書店、2008年)
  • 『統治構造の憲法論』(岩波書店、2014年)