石川健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 健治(いしかわ けんじ、1962年 - )は、日本法学者[1]。専門は憲法学東京大学大学院法学政治学研究科・法学部教授

略歴[編集]

その他、国家公務員採用I種試験専門試験出題委員、行政書士試験研究センター試験委員、自治体法務検定委員会委員、八王子市情報公開・個人情報保護運営審議会委員などを務める[2]

人物[編集]

「現代憲法学の鬼才」(西原博史)とも評される[3]。学部時代、政治学者篠原一のゼミに所属していた頃に憲法学者を目指すように薦められ、卒業後直ちに助手に就任し樋口陽一に師事する。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『学問/政治/憲法──連環と緊張』(岩波書店、2014年)

共編著[編集]

門下生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]