野中俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野中 俊彦(のなか としひこ、1939年 - )は、日本の法学者。専門は憲法法政大学名誉教授、金沢大学名誉教授。元全国憲法研究会の代表。

人物[編集]

東京都出身。最終講義の題目は、「憲法学研究・断想」であった。 元旧司法試験第二次試験考査委員小林直樹門下。

2005年10月まで全国憲法研究会の代表を務めた。法政大学の法科大学院設置準備委員会の委員長を務めた。

略歴[編集]

主要著書・編著[編集]

  • 『憲法訴訟の原理と技術』(有斐閣、1995年)
  • 『憲法I・II(第5版)』(共著)(有斐閣、2012年)
  • 『憲法判例集(第10版)』(共著)(有斐閣、2008年)
  • 『ファンダメンタル憲法』(共著)(有斐閣、1994年)
  • 『憲法の解釈I・II・III』(共著)(三省堂、1989年、1990年、1992年)