茶谷誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

茶谷 誠一(ちゃだに せいいち、1971年 - )は、日本近代史研究者。

石川県生まれ。1995年明治大学文学部史学地理学科卒業。同大学院修士課程修了。2006年立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了、「1930年代における宮中勢力の政治動向」で文学博士。2017年まで成蹊大学文学部助教。現在大学非常勤講師[1][2]

著書[編集]

共編[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『金原節三陸軍省業務日誌摘録 前編』編者紹介
  2. ^ 朝日カルチャーセンター