志方俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
志方 俊之
生誕 (1936-03-30) 1936年3月30日(82歳)
静岡県 浜松市
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1958 - 1992
最終階級 陸将
除隊後 大学教授
テンプレートを表示

志方 俊之(しかた としゆき、1936年3月30日 - )は、日本防衛評論家帝京大学名誉教授星槎大学客員教授、元陸上自衛官(最終階級:陸将)。工学博士京都大学、1968年)。

来歴[編集]

静岡県浜松市出身。金沢大学附属高等学校防衛大学校本科(土木工学専攻)を卒業(第2期)。京都大学大学院博士課程修了(工学博士)。

岩見沢駐屯地第102施設大隊長(1974年3月16日~1976年3月24日)、アメリカ陸軍戦略大学研究員、在米国大使館防衛駐在官陸上幕僚監部人事部長、第2師団長防衛大学校幹事、北部方面総監などの要職を歴任する。北部方面総監在任中の1991年には陸上自衛隊としては初の方面隊規模の災害対処訓練「ビッグレスキュー'91」を統裁した。

退官後は、帝京大学法学部教授として国際関係論を担当。新聞・雑誌・テレビ等の各メディアで防衛問題の解説もおこなっている。テレビ番組出演歴としては『ビートたけしのTVタックル』『たかじんのそこまで言って委員会』『朝まで生テレビ!』『ウェークアップ!ぷらす』『ザ・サンデー』『平成日本のよふけ』などがある。

1999年石原慎太郎東京都知事の要請で東京都参与に就任。防災・治安問題のブレーンを務める。2013年3月に退任したが、猪瀬直樹知事の要請で再度就任した[1]。また、特定非営利活動法人日本防災士機構理事日本国際フォーラム政策委員[2]も務めている。

集団的自衛権は憲法違反であり、ゆえに日本国憲法の改正が必要であると主張している。

核武装論についての主張を積極的におこなっている。日本は日米共同核保有 (Nuclear Sharing) によって核抑止の分担をすべきだと主張している。日本単独での核武装については、高い政治的・経済的リスクを伴うため困難との見方を示し、日本は核を「持てるけれど持たないでおく」立場を堅持して核不拡散のための外交努力をすること、通常戦力の強化、核抑止のためのアメリカ合衆国との連携強化が重要であると述べている[3]

略歴[編集]

  • 3月末:東京都災害対策担当参与を退任
  • 5月24日:東京都災害対策担当参与に再任

著書[編集]

  • 『自衛隊はどこへ行く――冷戦後の日本の安全保障を論ず』日本評論社(1994年, 前田哲男と共著) ISBN 4535581789
  • 『極東有事――かくて日本は戦争に引き込まれる』クレスト社(1996年) ISBN 4877120394
  • 『現代の軍事学入門――世界を読み解く鍵』PHP研究所(1998年) ISBN 4569559808
  • 『最新・極東有事――そのとき日本は対応できるか』PHP研究所(1999年) ISBN 4569606709
  • 『自衛隊に誇りを――銀座に装甲車を入れた元陸将の「国防軍」改革案』小学館文庫(2001年) ISBN 4094052011
  • 『「フセイン殲滅」後の戦争――アメリカは北朝鮮、中国、世界をどうするのか』小学館(2003年) ISBN 4093874190
  • 『無防備列島』海竜社(2006年) ISBN 4759309284
  • 『日本はこのままでは生き残れない -あまりに脆弱な国防の実態- 』PHP研究所(2007年) ISBN 9784569659138
  • 『危機 -平和ボケ日本に迫る- 』海竜社(2012年) ISBN 9784759312294
  • 月刊『軍事研究』 - 巻頭言の執筆(2012年6月号現在も継続中)

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “都参与に志方氏再任”. 産経新聞. (2013年5月24日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130524/lcl13052420480002-n1.htm 2013年8月24日閲覧。 
  2. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  3. ^ “【正論】帝京大学教授・志方俊之 核は「持てるが持たぬ」が賢明だ”. 産経新聞. (2011年3月7日) 
  4. ^ http://www.be-power.jp/html/lecturer/shikatatoshiyuki.html
  5. ^ 防衛省人事発令、2012年4月6日(内閣承認)
  6. ^ 防衛省人事発令、2012年6月27日(内閣承認)

外部リンク[編集]

  • 志方俊之(日本財団図書館-私はこう考える(自衛隊について))
先代:
志摩篤
北部方面総監
第20代:1990年 - 1992年
次代:
冨澤暉