佐藤孝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤孝三郎

佐藤 孝三郎(さとう こうざぶろう、1868年3月2日慶応4年2月9日) - 1969年11月21日)は、日本の内務官僚福井県知事名古屋市長函館市長。

経歴[編集]

福岡県出身。佐藤与平の長男として生まれる。1888年8月、福岡尋常師範学校を卒業し、井尻小学校訓導となる。1896年7月に東京専門学校に入学し、1899年3月、同修了。同年11月、文官高等試験に合格し、1900年5月、内務省に入省し内務属として警保局に配属された。

1902年2月、山口県参事官に就任。以後、群馬県参事官、島根県警察部長、和歌山県事務官・第四部長、同第一部長兼第三部長[1]、同内務部長、群馬県内務部長、秋田県内務部長、宮城県内務部長などを歴任した。

1914年6月、福井県知事に就任し、1917年1月まで在任し休職。同年7月に退官した。その後、名古屋市長(1917年7月 - 1921年7月)、函館市長(1924年11月 – 1928年11月)を歴任した。

著書[編集]

  • 『高岳自叙伝』佐藤達夫、1963年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7061号、明治40年1月15日。

参考文献[編集]