小林重威

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 重威(こばやし しげたけ、万延元年9月23日[1][2]1860年11月5日) – 没年不詳)は、日本内務官僚山口県下関市長

経歴[編集]

信濃国佐久郡小諸(現在の長野県小諸市)出身[1]1890年(明治23年)、内務属となり、県治局市町村課長、大分県参事官福岡県参事官・内務部第一課長、同事務官・第三部長、京都府事務官・第三部長、徳島県事務官・第二部長を歴任した[1]1908年(明治41年)、韓国政府の応聘により全羅南道書記官に就任[2]

韓国併合後は下関市長に転じた[1][2]。退任後、大阪市助役・港湾部長を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大正名家録 1915, p. コ5.
  2. ^ a b c d 人事興信録 1915, p. コ15.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 原田道寛編『大正名家録』二六社編纂局、1915年。