石原信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石原 信雄(いしはら のぶお、1926年11月24日 - )は日本官僚。元内閣官房副長官(在任 1987年 - 1995年)。勲一等。財務官僚で内閣府審議官の石原一彦は長男。

経歴・人物[ソースを編集]

自治省官僚時代に自治医科大学1972年創立)の開学に関わった[1]。東京都知事選挙落選後は、大宮操車場跡地ほか(現・さいたま新都心)への10省庁18機関の移転にも関わった[2]。また、埼玉県さいたま市の合併政令指定都市移行にも関わり、平成の大合併では講演会や顧問などの形で様々な市町村合併にも関わった。

その他役職[ソースを編集]

  • 財団法人日本レクリエーション協会副会長
  • 財団法人日本法制学会会長
  • 特定非営利活動法人国土空間データ基盤推進協議会会長
  • 財団法人SBI子ども希望財団理事
  • 財団法人社会経済生産性本部理事
  • 特定非営利活動法人防災情報機構最高顧問
  • 特定非営利活動法人日本防災士機構最高顧問
  • 社団法人日本躾の会名誉会長
  • 財団法人アジア福祉教育財団理事
  • 財団法人水府明徳会評議員
  • 地方自治経営学会顧問
  • 社団法人日本広報協会会長
  • 社団法人海外広報協会理事
  • 東京銀杏会会長
  • 財団法人関信越音楽協会理事長
  • クライシスマネジメント協議会会長

著書[ソースを編集]

  • 『まあ、いろいろありまして』(日本法制学会、1995年)
  • 『官邸2688日―政策決定の舞台裏』(日本放送出版協会、1995年)
  • 『首相官邸の決断―内閣官房副長官 石原信雄の2600日』(中央公論社1997年
  • 『官かくあるべし―7人の首相に仕えて』(小学館1998年
  • 『21世紀の地方自治を語る―分権型社会を担う人々へ』(ぎょうせい2000年
  • 『権限の大移動―官僚から政治家へ、中央から地方へ』(かんき出版2001年
  • 『市町村合併成功の秘訣―地方分権の更なる前進のために』(日本法制学会、2002年

エピソード[ソースを編集]

1988年9月17日に、官房副長官として竹下登総理に同行し、ソウルオリンピック開催中の大韓民国を訪問。盧泰愚韓国大統領から「せっかくですから(観戦も含め)韓国を視察して行って下さい」と持ちかけられたが、日本本国から「天皇陛下(昭和天皇)が9月18日の大相撲観戦を中止する」という連絡が入ったため、「これは容易ならざる事態になるかも知れない」と判断、竹下総理と相談の上、日韓首脳会談を終えると同時に金浦国際空港から急いで日本へ帰国したことを語っている[7]

河野洋平官房長官談話作成過程で「韓国側も『過去の問題に一応区切りをつける』と言っていたので、それを信じて談話を出した」と述べている[8]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]