翁久次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

翁 久次郎(おきな きゅうじろう、1921年大正10年)10月8日 - 1996年平成8年)9月2日[1])は、日本の厚生官僚実業家内閣官房副長官

経歴[編集]

富山県出身[1]富山高等学校を卒業。1946年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。1947年4月、文官高等試験行政科試験に合格。厚生省に入省し医務局事務官となる[2]

以後、厚生大臣官房人事課長、社会局長社会保険庁長官厚生事務次官などを歴任[1]1978年12月から1982年11月まで、第1次大平内閣第2次大平内閣鈴木内閣内閣官房副長官(事務担当)を務めた[3]

以後、厚生年金基金連合会理事長、日本グラクソ会長、全国社会福祉協議会会長などを歴任した[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『現代物故者事典 1994~1996』136頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』365頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』468頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『現代物故者事典 1994~1996』日外アソシエーツ、1997年。