彩那音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

彩那 音(あやな おと、11月9日 - )は、元宝塚歌劇団雪組の男役。

神奈川県横浜市港北区高木学園女子高等学校出身。

身長167cm、血液型A型[1]。愛称は本名から「ひろみ」、「おと[1]

姉は元月組トップスターで現在は女優彩輝なお

来歴[編集]

1997年4月、宝塚音楽学校入学。85期生

1999年4月、宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中36番[2]。雪組宝塚大劇場公演『再会/ノバ・ボサ・ノバ』で初舞台。同期には映美くらら(元月組トップ娘役)、柚希礼音(元星組トップスター)、桜一花華形ひかる青樹泉真野すがた舞咲りん十輝いりす大海亜呼美鳳あや山科愛神月茜柊巴銀河亜未南海まり美羽あさひ音乃いづみ七帆ひかるなどがいる。同年10月4日[2]月組に配属。

2002年7月、1年後輩の城咲あいと共にTAKARAZUKA SKY STAGE第1期スカイフェアリーズを1年間務める。

月組配属後は同期の真野、青樹と共にトリオで使われ、また新人公演では先輩の大空祐飛霧矢大夢などの役を与えられる。2006年3月、雪組に異動。

2007年8月、世界陸上大阪大会にあわせて結成された「AQUA5」の一員に選ばれる。

2011年11月20日[2]、『仮面の男』/『ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

人物[編集]

実家は釣具店。4人姉妹の末っ子として生まれる。母親・宝塚志望だった姉とともに、小学1年の時に東京宝塚劇場で、初めて舞台を観劇。その後、姉の影響で宝塚を観るようになった。小学校からクラシックバレエを習い始め、高校2年修了時に宝塚音楽学校の試験に一発合格した。

姉の彩輝は「妹は私の知らない間に宝塚を受験していた」と発言。本人は「1番上の姉は私が小さい頃に宝塚に入ったので、離れ離れに過ごした年月が長く、入りたいということは伝えていましたが、宝塚受験に関する具体的なことは何も話していません」と述べている。

姉と共演した作品は『薔薇の封印 -ヴァンパイア・レクイエム-』『ジャワの踊り子』『飛鳥夕映え-蘇我入鹿-』『エリザベート -愛と死の輪舞-』。また『シニョール ドン・ファン』の新人公演では、本公演で姉が演じたセルジィオを演じた。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

2004年

ショーでは北翔海莉、同期の青樹泉と共にエトワールに選ばれる。

2005年

同新人公演ではルイジ・ルキーニ役(本役:霧矢大夢)を演じる。
最後の新人公演ではティモシー(本役:大空祐飛)を演じた。

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

  • 『ソルフェリーノの夜明け/Carnevale 睡夢』モラルド役
  • 『ロジェ/ロック・オン!』ヤコブ役
  • バウホール公演『オネーギン』ウラジーミル・レンスキー役

2011年

  • ロミオとジュリエット』パリス役
  • 全国ツアー『黒い瞳/ロック・オン!』ベロボロードフ役
  • 梅田芸術劇場メインホール『ハウ・トゥー・サクシード』 ジェンキンズ オヴィントン役
  • 『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』 ルーヴォア役 *退団公演

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 宝塚GRAPH』2003年6月号、阪急電鉄コミュニケーション事業部、P77。
  2. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P111。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]