舞咲りん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

舞咲 りん(まいさき りん、11月26日[1] - )は、元宝塚歌劇団雪組の娘役。

宮崎県宮崎市[1]宮崎女子高等学校出身[1]。身長160cm[1]。愛称は「ヒメ」[1]

来歴[編集]

1997年、宝塚音楽学校入学。

1999年、宝塚歌劇団に85期生として入団。入団時の成績は9番[2]。雪組公演「再会ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台[1][3][4]。組まわりを経て雪組に配属[4]

2002年、「ホップ スコッチ」(バウホール日本青年館公演)で、ヒロインの1人を務める[4]

2011年、音月桂トップ大劇場お披露目となる「ロミオとジュリエット」で、大劇場初のエトワールに抜擢[4]。その後も歌手として多く起用される。

2018年の「ファントム」ではカルロッタを演じるなど、その後も20年に渡り活躍を続けてきたが、2020年3月22日、「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3][4]。退団公演では自身4度目となるエトワールを務めた[4]

退団後は、新たなステージを模索する中で、保育士である母の背中を追って自分も保育士になることを決意[5]宮崎学園短期大学の保育科に進学し、学んでいる[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

  • 1999年5 - 6月、月組螺旋のオルフェ』『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場のみ)
  • 1999年7 - 8月、雪組『再会』『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(TAKARAZUKA1000days劇場

雪組時代[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、71頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P111。ISBN 9784484146010
  3. ^ a b c 宝塚雪組 舞咲りん、早花まこ、美華もなみの退団を発表 デイリースポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Memories of 舞咲りん タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  5. ^ a b 宮崎学園短期大学入学式 元タカラジェンヌも 宮崎県 宮崎ニュースUMK。

外部リンク[編集]