はばたけ黄金の翼よ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宝塚ロマン[1][2][3]はばたけ黄金の翼よ』(はばたけおうごんのつばさよ)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。雪組[1][2][3][4]公演。原作は粕谷紀子・作『風のゆくえ[1][2][3]』(週刊『セブンティーン[1][3]』連載(集英社))。宝塚[1]・東京[2]は22場(本公演)。宝塚[1]・東京[2]における本公演の併演作品は『花夢幻』、1985年の地方公演[3]は『フル・ビート』。脚本・演出は阿古健[1][2][3]。宝塚・東京は麻実れいのサヨナラ公演であった。 2019年の全国ツアーの併演作品は『Music Revolution!』。

公演期間と公演場所[編集]

  • 1985年1月1日 - 2月12日[1](新人公演:1月22日[4]) 宝塚大劇場
  • 1985年4月4日 - 4月29日[2](新人公演:4月16日[4]) 東京宝塚劇場
  • 1985年9月3日・新潟、4日・前橋、6日・金沢、7日・松任、8日・鯖江、10日・甲府、11日・昭島、13日・瀬戸、14日・静岡、15日・豊田、16日・刈谷、18日・町田、19日・浜松、21日・武蔵村山、22日・仙台、23日・習志野、24日・調布 (地方公演[3]
  • 2019年10月12日〜14日・川崎、17日・桐生、19日・川越、20日・川口、22日・新潟、24日・長野、26日〜27日・静岡、29日・日進、30日・豊田、31日・三重、11月2日・彦根、3日〜4日・岐阜、6日・倉敷、8日〜10日・大阪

ストーリー[編集]

※宝塚公演のもの[5]

時は中世の北イタリア。隣国・ボルツァーノと覇権を争うイル・ラーゴの領主ヴィットリオは、ボルツァーノの新領主となったジュリオが提案した和平の条件、ジュリオの異母妹・クラリーチェとの結婚を要求する。結婚式の夜、クラリーチェはすきを見てヴィットリオに短剣をむける。敵同士の二人が真の愛により結ばれるまでの物語。

スタッフ[編集]

宝塚・東京 ※氏名の後ろに「宝塚」「東京」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役[編集]

宝塚・東京 (1985年・配役)[編集]

下記のデータは宝塚・東京[2]両劇場共通。「()」は新人公演・配役。

---

  • ノビーレの男、ドルチェS、紳士 - 麻実れい[1]
  • ノビーレの男、紳士 - (杜けあき[4]
  • ドルチェ、歌手 - 平みち[1]・杜けあき[1]
  • 歌手 - 毬谷友子[1]
  • ノビーレの女 - 一路万輝[1](紫とも[4]
  • ドルチェS[4] - (安輝ひさと・一路万輝・高嶺ふぶき)

地方公演 (1985年・配役)[編集]

全国ツアー (2019年・配役)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as 80年史 1994, p. 310.
  2. ^ a b c d e f g h i j 80年史 1994, p. 312.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 80年史 1994, p. 315.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 80年史 1994, p. 314.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 156.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3