ミレニアム・チャレンジャー!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミレニアム・チャレンジャー!』は宝塚歌劇団舞台作品。宙組[1][2][3]公演。形式名は「グランド・ショー[1][2][3]」。15場[1][2][3]

作・演出は石田昌也[1][2][3]。併演作品は『望郷は海を越えて[1][2][3]』。

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

若さとフロンティア精神溢れる宙組がチャレンジした、無国籍感覚でバラエティに富んだグランド・ショー。TRFのダンサー・SAMが振付に参加した。SAM振付の「十二支」の場面では、斬新なダンスパフォーマンスが新風を巻き起こした。和央ようかを中心とする新生宙組による初のショーは、古いものと新しいものがクロスオーバーする、とびきり楽しくてエネルギッシュな舞台となった。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京[2]」、「中日[3]」の文字がなければ全劇場共通。

特別出演[編集]

※氏名の後ろの()は2000、2001年当時の所属組。

宝塚[編集]

中日[編集]

主な配役[編集]

宝塚・東京[編集]

宝塚
  • ミレニアムの青年S、ジャズの男S、ダンディー、紳士S、辰、ミレニアムの紳士、フィナーレの男S - 和央ようか[1]
  • ミレニアムの娘S、ジャズの女S、女バーテンダー、淑女S、九尾の狐、モナリザ、ミレニアムの美女、フィナーレの女S - 花總まり[1]
  • ミレニアムの青年A、荒波の男S、紳士A、寅、ガイA、フィナーレの男A - 湖月わたる[1]
  • ミレニアムの青年A、ジャズの男、紳士A、青年、ガイA、フィナーレの男A - 樹里咲穂[1]
  • ジャズの男、紳士A、画家、ガイA - 水夏希[1]
東京の変更点
  • ミレニアムの青年A、荒波の男S、寅、ガイA、フィナーレの男A - 樹里咲穂[2]
  • ミレニアムの青年A、ジャズの男、紳士A、青年、画家、ガイA、フィナーレの男A - 彩輝直[2]
  • ジャズの男、紳士A、丑、ガイA - 水夏希[2]

中日[編集]

  • ミレニアムの青年S、ジャズの男S、ダンディー、紳士S、辰、ガイS、ミレニアムの紳士、フィナーレの男S - 和央ようか[3]
  • ミレニアムの娘S、ジャズの女S、女バーテンダー、淑女S、九尾の狐、モナリザ、ミレニアムの美女、フィナーレの女S - 花總まり[3]
  • ミレニアムの青年A、ジャズの男、紳士A、青年、画家、ガイA、フィナーレの男A - 彩輝直[3]
  • ミレニアムの青年A、荒波の男S、紳士A、寅、ガイA、フィナーレの男A - 樹里咲穂[3]
  • ジャズの男、紳士A、ガイA - 水夏希[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 90年史 2004, p. 114.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 117.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 90年史 2004, p. 136.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 181.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』 宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク[編集]