木村達成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きむら たつなり
木村 達成
生年月日 (1993-12-08) 1993年12月8日(24歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 180 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2012年 -
事務所 UTY
公式サイト 公式サイト

木村 達成(きむら たつなり、1993年12月8日 - )は、日本俳優である。東京都出身。UTY所属。

人物[編集]

  • いわゆる「2.5次元舞台」や連ドラで活躍する俳優。もともとミュージカルが好きで、やってみたいという気持ちが強かったという[1]
  • 趣味は野球旅行
  • 特技はバク転、バク宙、英会話
  • 2012年、ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズンにて海堂薫役としてデビュー。
  • 演出家には自ら質問するタイプ[1]
  • 2017年夏に行きたいところとしてウォーターパークを挙げていた[1]

2.5次元作品の俳優として[編集]

  • ドラマ『弱虫ペダル』のインターハイの3日間については「思いを託しながら、金城を放つっていうシーンがあるんですけど、やっぱりそれが一番、僕的には見てほしいところですね。金城がスタートするときに、僕が“お願いしまーす!”って言って必ず背中を押すんですけど、その前からの流れが、すごく胸が熱くなるシーンというか。何回見てもグッとくるものが詰まってるので、ぜひ見てほしいです!」と話しており、2.5次元作品の魅力や面白さについては「まず、現実にありそうでありえないキャラクターになれるっていうのが魅力じゃないですか? ナチュラルなようでナチュラルじゃない、みたいなところがけっこうあるから。でも僕、そこから入ってるから、逆にナチュラルをやってみたいとも思いますけど。最近、ドラマや映画でも2.5次元作品は多いし、すごく注目されていますもんね。漫画は日本のよき文化だし、このコンテンツは素晴らしいものだと思います」と語っている[1]
  • 「2.5次元作品に出演するときに、役作りなどで大事にしていることは?」という質問に対しては「原作って答えじゃないですか。で、答えがある中でやると、たぶんそれにしかならないと思うんですよ。だから、原作は行き詰まったときに見るくらいで。それまではあんまり読んだりはしないかな」と答えている[1]
  • 2017年8月のインタビューで「今まで出演された作品の中で、印象深い出来事と思い出は?」と聞かれた際には「『ハイキュー!!』は立ち上げから関わらせていただいて、たくさんのことを学んだ作品です。演出家の方から言われて、いちばん“あ~深いな~”って、でもどういう意味かわかんないって思ったのは、『NARUTO-ナルト-』の児玉明子さんから受けた“木村くんは風を作ってください”っていう演出。どういうことか全くわかんなかったけど、頑張ってみようと思って。公演が終わった後とかに、児玉さんに聞きに行ったのは覚えてますね。“どうでした? どうでした?”って。児玉さんから“今日は作れてましたよ”って言われると、“こういうことなのかな?”ってまた考えたり」と回答している[1]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

DVDドラマ[編集]

  • ランチタイム終わりました。(2016年6月3日、スパイスビジュアル) - 佐々木勇太 役

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 今チェックすべき俳優・木村達成、ドラマ『弱虫ペダル』の舞台裏を語る 週刊女性PRIME2017/8/16 『週刊女性』2017年8月22日・29日合併号 主婦と生活社 (2017年8月22日閲覧)
  2. ^ ドラマ「弱虫ペダル」に小越勇輝、鈴木拡樹、馬場良馬ら舞台版キャスト多数”. ステージナタリー (2016年6月9日). 2016年6月9日閲覧。
  3. ^ “演じる”要素取り入れた「木村達成ファースト写真集」発売、23歳の誕生日に”. ステージナタリー (2016年12月9日). 2016年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]