てるてる坊主の照子さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てるてる坊主の照子さん
著者 なかにし礼
発行日 2002年7月20日
発行元 新潮社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 301(上)
310(下)
コード ISBN 978-4-10-445103-6(上)
ISBN 978-4-10-445104-3(下)
ISBN 978-4-10-115421-3(上)(文庫判
ISBN 978-4-10-115422-0(中)(文庫判)
ISBN 978-4-10-115423-7(下)(文庫判)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

てるてる坊主の照子さん』(てるてるぼうずのてるこさん)は、なかにし礼長編小説2001年5月から2002年5月まで北海道新聞東京新聞中日新聞西日本新聞の4紙朝刊に峰岸達の画[1]とともに連載され、2002年7月に新潮社より上下巻にて刊行された。翌2003年8月に新潮文庫より上中下巻にて文庫化されている。

著者の妻・石田ゆりの家族をモデルに、戦後復興期の昭和30年代の大阪池田市を舞台として、大阪の肝っ玉母さんを中心に4姉妹の成長の物語を「なにわの若草物語」として描く。

2002年10月から11月に『てるてる坊主の照子さん〜浪速の若草物語〜』(てるてるぼうずのてるこさん なにわのわかくさものがたり)と題して佐久間良子主演により舞台化、翌2003年から2004年に『てるてる家族』(てるてるかぞく)と題してNHK連続テレビ小説の第69作としてテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

舞台[編集]

てるてる坊主の照子さん〜浪速の若草物語〜』(てるてるぼうずのてるこさん なにわのわかくさものがたり)と題し、2002年10月2日から28日まで東宝創立70周年記念公演として東京帝国劇場にて、また11月1日から25日まで名古屋御園座にて上演された。

前年10月に帝国劇場にて舞台化された『長崎ぶらぶら節』に続く舞台化であり、佐久間良子は同作のヒロイン・愛八役に続いての出演となる[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作・演出 - なかにし礼
  • 脚本 - 堀越真
  • 演出 - 堀井康明
  • 製作 - 酒井喜一郎、宮崎紀夫

テレビドラマ[編集]

てるてる家族』(てるてるかぞく)と題し、NHK連続テレビ小説の第69作としてNHK大阪放送局の制作により2003年9月29日から2004年3月27日まで全150回にわたり放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 峰岸達 (2010年7月4日). “新聞小説 「てるてる坊主の照子さん」全挿絵 その1(1〜53)”. 作品. 東京イラストレーターズ・ソサエティ. 2017年11月18日閲覧。
  2. ^ 坂本悠、鶴岡英理子(編)、2002、「[記念館・視聴覚室]宝塚ミュージアムB・OG公演劇評」、『宝塚ゼミ02年後期』、青弓社 ISBN 978-4-7872-7163-1 pp. pp.150-153

関連項目[編集]

外部リンク[編集]