JFK (宝塚歌劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JFK』は、宝塚歌劇団ミュージカル作品。雪組[1][2]公演。形式名は「ミュージカル」[1][2]。本公演は17場[1][2]。作・演出は小池修一郎[1][2]。本公演における併演作品は『バロック千一夜[1][2]

公演期間と公演場所[編集]

ストーリー[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[3]参考。

1953年、弟のロバートたちと「ニューフロンティア」政策を掲げたジャックは、公民権運動の旗手・キング牧師らの支持を集めて大統領選に当選する。多忙を極めるジャックの傍らで、妻のジャクリーヌはファーストレディとしての窮屈な生活に疲れてゆく。

激動の20世紀が生み出したジョン・F・ケネディの波乱に満ちた生涯を、1940年代から1960年代に至る音楽やファッションの変遷を背景にしながら浮き彫りにし、ジャクリーヌとの愛の葛藤を描く。

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役[編集]

※下記のデータは宝塚・東京共通。()は新人公演。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 90年史 2004, p. 40.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 90年史 2004, p. 43.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 172.

参考文献[編集]

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3