絵莉千晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絵莉 千晶(えり ちあき、12月16日 - )は、元宝塚歌劇団花組の娘役。

大阪府茨木市府立茨木西高等学校出身。身長162cm。愛称は「ちあき」。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台歴[編集]

  • 1996年6月- 『ハウ・トゥー・サクシード-努力しないで出世する方法-』 新人公演・ヘディ・ラルー役(本役:詩乃優花
  • 1997年4月- 全国ツアー公演『風と共に去りぬ』マリリン役
  • 1997年8月- 『ザッツ・レビュー』 新人公演・涼子役(本役:幸美杏奈)
  • 1998年5月- 『SPEAK EASY -風の街の純情な悪党たち-/スナイパー -恋の狙撃者-』新人公演・シーリア役(本役:貴柳みどり
  • 1999年6月- 名古屋特別・東京特別公演『Endless Love -永遠の愛-』アリス
  • 1999年8月- 『タンゴ・アルゼンチーノ』『ザ・レビュー99』 新人公演・マドレーヌ役(本役:幸美杏奈)
  • 2000年2月- 中日公演『タンゴ・アルゼンチーノ』『ザ・レビューⅣ』マドレーヌ役
  • 2000年4月- 『源氏物語 あさきゆめみし』『ザ・ビューディーズ』 刻の響(女)/小侍従(鈴懸三由岐の役替り)
  • 2000年9月- 伊織直加ディナーショー『LOVE BEAT』
  • 2001年4月- バウホール・東京特別公演『マノン』 カンタオーラ(女性歌手)役
  • 2002年3月- 『琥珀色の雨にぬれて』『Cocktail-カクテル-』ミミ役
  • 2002年4月- シアタードラマシティ公演『ダイヤモンド・アイズ』
  • 2002年8月- 博多座公演『あかねさす紫の花』『Cocktail -カクテル-』 鏡女王役
  • 2002年10月- 『エリザベート~愛と死の輪舞(ロンド)~』 リヒテンシュタイン伯爵夫人役
  • 2003年3月- シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター公演『不滅の棘』キャロル役
  • 2003年5月- 『野風の笛』『レビュー誕生 -夢を創る仲間たち-』 浪江の局役
  • 2003年10月- 全国ツアー公演『琥珀色の雨に濡れて』『Cocktail -カクテル-』 ミミ役
  • 2004年1月- 『飛翔無限』出語りA役 『アプローズ・タカラヅカ! -ゴールデン90-』
  • 2004年5月- バウホール・日本青年館公演『NAKED CITY』ビッグママ役
  • 2004年8月 - 『La Esperanza-いつか叶う-』『TAKARAZUKA舞夢(マイム)!』
  • 2005年3月- 『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』 マリエル役
  • 2005年8月- 博多座公演『マラケシュ・紅の墓標』『エンター・ザ・レビュー』 マリエル役
  • 2005年11月- 『落陽のパレルモ』『ASIAN WINDS!』 トリゴーナ伯爵夫人役
  • 2006年3月- シアタードラマシティ・東京特別公演『Appartment Cinema (アパルトマントシネマ)』パトリシア役
  • 2006年6月- 『ファントム』ミレイユ(団員女)役
  • 2006年11月- 全国ツアー公演『うたかたの恋』『エンター・ザ・レビュー』マリンカ/シュターレイ夫人役
  • 2007年2月 - 『明智小五郎の事件簿-黒蜥蜴(トカゲ)-』『タキシード・ジャズ』勝代役
  • 2007年7月 - 梅田芸術劇場公演『源氏物語 あさきゆめみしⅡ」 明石の上役
  • 2007年9月 - 『アデュー・マルセイユ -マルセイユへ愛をこめて-』『ラブ・シンフォニー』 イヴェット役
  • 2008年2月 - バウホール公演『蒼いくちづけ』 マリア・ウェステンラ/ローズ役
  • 2008年5月 - 『愛と死のアラビア』『Red Hot Sea』マブルーカ役
  • 2008年10月- 全国ツアー公演『外伝ベルサイユのばら -アラン編-』『エンター・ザ・レビュー』 カトリーヌ役
  • 2009年1月- 『太王四神記 -チュシンの星のもとに-』 大神官役
  • 2009年5月- 全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』『Red Hot Sea Ⅱ』 パウラ役
  • 2009年7月- 梅田芸術劇場公演『ME AND MY GIRL』ブラウン夫人役
  • 2009年9月- 『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』『EXCITER!!』 ランバール夫人役
  • 2009年12月- シアタードラマシティ・東京特別公演『相棒』教祖
  • 2010年3月- 『虞美人』虞美人の母
  • 2010年7月- 『麗しのサブリナ』『EXCITER!!』モード

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.105 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010

関連項目[編集]

外部リンク[編集]