夏ノ宮千世子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夏ノ宮 千世子(なつのみや ちよこ、12月11日 - )とは、元宝塚歌劇団月組娘役の人物である。大阪府大阪市出身。樟蔭高校出身。宝塚歌劇団40期生。宝塚歌劇団在団中の公称身長は160cm[1]。宝塚歌劇団在団中の愛称はいとちゃん。

略歴[編集]

1952年宝塚音楽学校に入学。

1953年、40期生として、宝塚歌劇団に入団。初舞台公演演目は『春の踊り』-花の宝塚-である。宝塚入団時の成績は64人中18位[2]

1962年5月30日[2]をもって、宝塚歌劇団を退団。

出典[編集]

  1. ^ [1] 宝塚名鑑
  2. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、50-51頁。ISBN 9784484146010