ノート:星風まどか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

「Wikipedia:大言壮語をしない」を守らない編集[編集]

利用者:氷山樹果さんが「異例」ということばを使って、私が編集しなおしては差し戻します。こちらは外部リンクです。「異例」なんて言葉ないです。これはやっていい編集なのでしょうか?WP:APTに当たるのでは?ご意見お願いいたします。--YOUJI会話) 2017年5月19日 (金) 14:34 (UTC)

  • こんにちは、メッセージをありがとうございます。まず問題となっているのは星風まどかの来歴に関しての記述、『同年、宙組公演「白夜の誓い」において、組配属前ながら、トップスター凰稀かなめ演じるグスタフⅢ世の少年時代役に異例の抜擢を受ける』の部分ですね。「異例=普通と異なる例。今までに例がないこと」という意味ですが、今回の星風まどかの来歴に照らし合わせて考えてみると、「宝塚歌劇団に入団してまだ組配属すらされていない組廻り生が、いきなり本公演で役がつく」という事態は充分「異例」と言えるのではないでしょうか?YOUJIさんがお好きな天海祐希も入団1年目で新人公演初主演、入団7年目でトップ就任と、これも充分「異例」と言える快挙です。「大言壮語=大げさに言うこと」という意味ですから、少なくとも星風まどかに関する記述は事実であり、表現が大げさであるとも「Wikipedia:大言壮語をしない」にも当てはまらないと思います。 --氷山樹果会話) 2017年5月20日 (土) 00:04 (UTC)

こんにちは、氷山樹果さんは「Wikipedia:独自研究は載せない」も理解していますか?こちらには「情報源を明記することと独自研究を避けることは、密接に関わり合っています。独自研究ではないことを示す唯一の方法は、その記事の主題に直接関連のある情報を提供している信頼できる資料を参考文献として記し、その資料に記された内容に忠実に記述することです。」と書かれているように参考資料が必要です。あなたはろくに資料もなく、主観的に編集していると思います。やっぱり、独自研究的な編集は差し戻します。--YOUJI会話) 2017年5月20日 (土) 09:32 (UTC)

  • 人によって解釈が分かれそうな問題ですので、ひとまず星風まどかの来歴覧から「異例」の記述は削除しましょう。現段階でも星風まどかはトップ娘役不在という状況下の宙組においてトップ候補生として扱われていますし、次の大劇場公演でもWヒロインを務めることが発表されています。今後も執筆者の手によって記述内容が変わってくるかもしれません。今回は議論に参加してくださり、ありがとうございました。 --氷山樹果会話) 2017年5月20日 (土) 21:27 (UTC)