スペースJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スペースJ
ジャンル 報道番組 / 情報番組
出演者 福島敦子
下村健一
山本文郎 ほか
エンディング エンディングテーマを参照
製作
プロデューサー 吉崎隆
制作 東京放送TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
情報スペースJ
放送期間 1993年10月13日 - 1994年9月
放送時間 水曜日21:00 - 22:54
→21:00 - 22:25
放送分 114→85分
スペースJ
放送期間 1994年10月 - 1996年9月11日
放送時間 水曜日21:00 - 22:25
放送分 85分

特記事項:
ギャラクシー賞ほか受賞
テンプレートを表示

スペースJ』(スペース・ジェイ)は、1993年10月13日から1996年9月11日まで東京放送(TBS、現:TBSテレビ)を制作局としてJNN系列各局で毎週水曜日の夜に生放送で放送されていた報道情報番組である。1994年9月までは、番組タイトルを『情報スペースJ』(じょうほうスペースジェイ)としていた。

概要・放送時間[編集]

放送開始前の仮タイトルは『これは事件です!』であった[1]

当初は21:00 - 22:54(JST)の114分だったが、1994年4月から放送終了までは21:00 - 22:25の85分に縮小された。

同年10月から「越前屋経済研究所」やスポーツ天気予報など一部コーナーを整理して、タイトルを『スペースJ』に変更。リニューアル当初は、その週に起きた最大のニュースを深く掘り下げる「トップリポート」と本格的ドキュメンタリーの「J特集」の2本立てとコーナー企画とし、「ジャーナリスティック」な側面と「魅せるドキュメンタリー」の要素を併せ持つ番組として高い評価を得た。

1994年6月には自由民主党日本社会党新党さきがけによる「自社さ連立政権」誕生の模様を生中継した。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災でも優れたルポ(「がんばれ神戸」シリーズなど)を放送し、3度におよぶギャラクシー賞など国内のテレビの賞を受賞する。

また定時レギュラーの報道番組でありながら、一時は視聴率30%超えを記録するなど、報道番組の新しい可能性を示唆した。[2]

1994年の松本サリン事件以前からオウム真理教ロシア進出を取材していた。松本サリン事件発生後、同事件とオウム真理教との関係や河野義行無実である可能性をいち早く指摘していた[3]

1995年3月に起きた地下鉄サリン事件以降はオウム真理教に対する追及ルポを徹底的に展開。同番組担当の記者ディレクターを大量に投入し、捜査機関をも凌駕する圧倒的な調査能力と取材力でスクープを連発する。一時は視聴率が30%を超えるという定時報道番組としては異例の活況となった[4]ものの、反面その頃から番組全体がオウム報道一辺倒になる。しかし、1996年3月にTBSビデオ問題が発覚。その影響でTBSの整理番組の対象となったため、1996年9月11日を以って番組が終了した。

変遷[編集]

期間 タイトル 放送時間(JST
1993.10.13 1994.03 情報スペースJ 水曜 21:00 - 22:54(114分)
1994.04 1994.09 水曜 21:00 - 22:25(085分)
1994.10 1996.09.11 スペースJ

出演者[編集]

情報スペースJ (1993年10月 - 1994年9月)

その他、泉谷しげる[7]秋野暢子らがゲストコメンテーターとして出演した。

スペースJ (1994年10月 - 1996年9月)

エンディングテーマ[編集]

  • 前田亘輝『そばにいるよ』(1993年10月 - 1994年6月)
  • 泉谷しげる『なぜこんな時代に…』(1994年7月 - 9月)

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞毎日新聞社、1993年7月20日付朝刊。
  2. ^ 例として、1995年5月3日の放送で32.6%を記録しており、同年の年間視聴率11位の高視聴率であった。(参照
  3. ^ 下村は『ザ・テレビジョン』の連載「オウム事件取材日記」やTBSラジオこちら山中デスクです』などで、1995年1月18日麻原彰晃インタビューする予定であったが、前日に阪神・淡路大震災が発生したためインタビューができなくなってしまい、そのまま地下鉄サリン事件を迎えてしまった、と語っている。
  4. ^ 下村はそのことが『「既存メディアを去る」決断の引き金となった』と自身のサイトで語っている。
  5. ^ 「スペースJ」では、アトランタ五輪中継で出演。
  6. ^ 「スペースJ」へのリニューアルで、『筑紫哲也NEWS23』に移動し、2回は放送したものの、震災やオウムのニュースでコーナーができなくなってしまい自然消滅。
  7. ^ 北海道南西沖地震被災者救援のための「一人フォークゲリラ」を特集で取り上げており、2003年発売の泉谷のDVD『日本を救え!!』に収録されている。
  8. ^ 人物の注目度ランキングコーナー。天気予報とは無関係。
TBS 水曜21:00 - 21:54枠(1993.10 - 1996.9)
前番組 番組名 次番組
水曜ロードショー
※21:00 - 22:54
情報スペースJ

スペースJ
TBS系 水曜22:00 - 22:25枠(1993.10 - 1996.9)
水曜ロードショー
※21:00 - 22:54
情報スペースJ

スペースJ
TBS系 水曜22:25 - 22:54枠
水曜ロードショー
※21:00 - 22:54
情報スペースJ
(1993.10 - 1994.3)