コプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コプトは、主にエジプトにおけるキリスト教信徒を指す。コプトの大多数は非カルケドン派たるコプト正教会であるが、東方典礼カトリック教会たるコプト・カトリックや、プロテスタントなども含まれている。

「コプト人」という民族が居る訳ではなく、民族名ではない。全世界に1000万人から2000万人ほどいるとされる。エジプトにはキリスト教の成立直後から信者がおり、イスラム化された後もコミュニティが存続した。古代エジプトの流れを汲むコプト暦を使う[1]。現在、エジプト人口の約1割がコプトで、世俗主義的なシーシー政権の支持者が多い[2]

「コプト」の語源[編集]

「コプト」の語源は古エジプト語にまで遡る。元は、メンフィスの別称「ヘト・カ・プタハ」(プタハの精霊の館)に由来する。後に、ギリシャ人が、これを「アイギュプトス」とギリシャ語読みし、それがエジプト全土を指す言葉となった。さらに、エジプトを征服したアラブ軍は、それをアラブ化して「キプト」と発音した。これが後に、ヨーロッパ人の間で「コプト」と呼ばれるようになった。

著名なコプト[編集]

コプトを狙った事件[編集]

コプトはイスラム化したエジプトにおいて、啓典の民として許容されてきたが、近年はISILなどイスラーム過激派から迫害・テロの対象にされることが目立つ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ISテロ「エジプト分断狙っている」キリスト教の一派・コプト教法王、訴え”. 『朝日新聞』朝刊2017年8月17日(国際面). 2017年8月26日閲覧。
  2. ^ “エジプト、法王訪問で厳戒 IS、教会を相次ぎ爆破”. 朝日新聞朝刊. (2017年4月28日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12913434.html 

関連項目[編集]