ナギーブ・サウィーリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナギーブ・サウィーリス

ナギーブ・サウィーリスアラビア語: نجيب ساويرس‎、Naguib Onsi Sawiris、1954年6月15日[1] - )は、エジプト実業家億万長者[2][3])・政治家である。日本メディアなどでは、ナギブ・サウィリスナギーブ・サウィリスとも表記される。

現在は、自身が新設したオラスコム・テレコム・メディア・アンド・テクノロジー(OTMT)という、携帯電話通信系持株会社の会長を務める[4]

また、2011年4月3日に発足した自由エジプト人党の創設者でもある[3][5][6]

父・弟[編集]

父は、コプト・キリスト教徒のオンシ・サウィーリス。建設会社(1950年に設立)を母体にオラスコム・グループ(Orascom Group)は、エジプト最大の民間企業グループとして成長を果たした。長男であるナギーブはオラスコム・テレコムの会長を務めた。次男サミーフ・サウィーリス(1957年生)はオラスコム開発会社の、三男ナーセフ・サウィーリス[7](1960年生)はオラスコム建設の、それぞれトップを務めてきた[8][9]

活動内容[編集]

2010年カイロマハムード・ハリール美術館からゴッホの絵画『Poppy Flowersケシの花)[10][11]』(評価額5500万ドル)が盗まれた[12]際には、情報提供者に懸賞金100万エジプトポンドを支払うことを決めた[13]

かつての金正日張成沢[14][15]と会見するなど北朝鮮の最高指導部と関係を持ち、Koryolink平壌柳京ホテルへの投資でも知られた[16][17]

エジプト有力紙「アル=マスリ・アル=ヨウム」の出資者の一人であり、衛星テレビチャンネル「OTV」及び「OnTV」の創設者でもある[18]

脚注[編集]

  1. ^ Naguib Sawiris - Telekom Austria Group
  2. ^ 世界の億万長者国別ベスト3 - がっちりマンデー!!、2007年6月17日放送
  3. ^ a b 北朝鮮の携帯事業に商機見いだす通信王 - 日本経済新聞電子版、2012年11月22日
  4. ^ 携帯電話は「諸刃の剣」の存在 ─ 100万加入を超えた北朝鮮携帯電話市場の実態(後編)p.1 - WirelessWire News
  5. ^ エジプトの富豪サウィリス氏、カタールに衛星TV局を新設する意向 - Al-Ahram紙、2011年9月17日(東京外国語大学
  6. ^ ミッキー風刺画で提訴=「宗教侮辱」とイスラム主義者―エジプト - asahi.com、2012年1月10日
  7. ^ エジプト大富豪の一大計画、スイスの村を豪華リゾート地へ - AFPBB News、2011年7月19日
  8. ^ 現地報告:エジプトにみるアラブ世界の『革命』 - 帝京大学
  9. ^ 国際投機資本の遊び場になった北韓、韓国企業は差別され… - ハンギョレ日本語版、2012年12月2日
  10. ^ ゴッホ絵画の盗難、美術館職員の関与が濃厚 エジプト - AFPBB News、2010年9月27日
  11. ^ Van Gogh volé au Caire prison pour onze personnes négligentes - ル・モンド]、2010年10月12日
  12. ^ Egyptian minister says Van Gogh picture still missing - BBC News、2010年8月22日
  13. ^ エジプトの大富豪、ゴッホ絵画捜索に懸賞金1500万円 世界のこぼれ話 - Reuters、2010年8月26日
  14. ^ “金正日総書記、訪朝のエジプト通信大手トップと面談(1月25日)”. 聯合ニュース. (2011年1月25日). http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=MYH20110125004400882 2018年1月15日閲覧。 
  15. ^ “オラスコム、北朝鮮携帯電話会社との合併協議が難航で八方ふさがり”. デイリーNK. (2015年8月20日). http://dailynk.jp/archives/50562?krkj=64418 2018年1月15日閲覧。 
  16. ^ 北朝鮮の携帯電話加入150万人突破 - MSN産経ニュース(共同)、2012年11月20日
  17. ^ 北朝鮮の携帯電話&インターネット事情ってどうなっているの? p.3 - X BRAND(労働新聞より)
  18. ^ “Naguib Sawiris”. Ahramonline. (2011年11月19日). http://english.ahram.org.eg/News/26708.aspx 2012年12月29日閲覧。 

外部リンク[編集]