労働新聞 (朝鮮労働党)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
労働新聞
各種表記
ハングル 로동신문
漢字 勞動新聞
発音 ロドンシンムン
日本語読み: ろうどうしんぶん
MR式
2000年式
英語表記:
Rotong sinmun
Rodong sinmun
Rodong Sinmun
テンプレートを表示

労働新聞(ロドン・シンムン、ろうどうしんぶん)は、朝鮮民主主義人民共和国を代表する朝鮮語の日刊新聞で、発行部数は100万部以上。1945年11月1日創刊。同国の指導政党である朝鮮労働党中央委員会の機関紙。なお、韓国では「ノドンシンムン」と発音する。

概要[編集]

紙面は毎号6ページで構成されているが、ラテ欄(ラジオ・テレビ欄)は無い。

毎年1月1日に「新年共同社説」を掲載している。これは労働新聞と金日成社会主義青年同盟の機関紙『青年前衛』と人民武力省の機関紙『朝鮮人民軍 (機関紙)』が同じ社説を発表し、この中で毎年のスローガンや施政方針が示される。

また、内閣など中央政府の総合機関紙『民主朝鮮』との共同社説がある。

2011年2月15日、公式ホームページを開設した[1][出典情報不明]

紙面構成[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]