労働新聞 (朝鮮労働党)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
労働新聞
Rodong Sinmun logo.svg
種別 日刊紙
判型 ブランケット判
所有者 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党
発行者 労働新聞社
編集長 李英植[1]
設立 1945年
政治的傾向 主体思想先軍政治
本社所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国平壌特別市
発行数 600,000部 (2015年現在)[2]
ウェブサイト www.rodong.rep.kp
労働新聞
North Korea (5015881604).jpg
掲出された労働新聞(平壌、2010年)
各種表記
ハングル 로동신문
漢字 勞動新聞
発音 ロドンシンムン
日本語読み: ろうどうしんぶん
MR式
2000年式
英語表記:
Rotong sinmun
Rodong sinmun
Rodong Sinmun
テンプレートを表示

労働新聞(ろうどうしんぶん、로동신문 ロドン・シンムン)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)指導政党である朝鮮労働党中央委員会機関紙で、同国を代表する朝鮮語の日刊紙である。発行部数は100万部以上。平壌市中区域に事務所を置く労働新聞社로동신문사)が発行。なお、韓国では頭音法則により「동신문」と書き、「ドンシンムン」と発音する。

概要[編集]

朝鮮民主主義人民共和国を代表する日刊紙で全国的な配布の他地下鉄駅など公共の場にも掲示されている。労働党の指導性を明示している同国では、党機関紙であると同時に国家指導部の公式的な広報でもある。また、国内外の主要なニュースを掲載しており、一般紙的な性格もあわせ持つ。これはかつての『プラウダ』などと同じく旧共産圏の指導政党機関紙共通の現象である。現在はブランケット判のモノクロ紙面6ページ構成。横書き。同国の公式的な方針に従い漢字は使われない。題字は毛筆体である。

毎年1月1日に「新年共同社説」を掲載している。これは労働新聞と金日成・金正日主義青年同盟の機関紙『青年前衛』と人民武力部の機関紙『朝鮮人民軍』が同じ社説を発表し、この中で毎年のスローガンや施政方針が示される。また、内閣など中央政府の総合機関紙『民主朝鮮』との共同社説がある。

紙面構成[編集]

沿革[編集]

1950年6月27日付

労働新聞社[編集]

労働新聞社は、平壌市中区域の烽火駅東方約400mの解放山通り沿いに社屋を構える。無軌条電車の平壌ホテル前にある停留場(停留場名不明)からも近く車窓から社屋を望むことができる。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kang Tae-jun (2014年2月17日). “Rodong Sinmun gets new Editor-In-Chief, possibly President”. NK News. 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ North Korea Ramps Up Circulation of National Daily” (2015年4月27日). 2015年4月28日閲覧。
  3. ^ a b コンテンツ一覧
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典
  5. ^ 世界大百科事典
  6. ^ http://mainichi.jp/select/world/northkorea/archive/news/2011/02/20110216k0000m030117000c.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]