ディナ・ハビブ・パウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディナ・パウエル

ディナ・ハビブ・パウエルアラビア語: دينا حبيب باول‎、英語: Dina Habib Powell1973年 - )は、アメリカ合衆国実業家政治家小ブッシュ政権で国務次官補(教育・文化担当)、2007年からゴールドマン・サックス幹部。エジプト系アメリカ人でクリスチャン(コプト教徒)である。

生涯[編集]

エジプトカイロ1973年に生まれ、4歳の時に両親とともにテキサスに移住した。テキサス大学で人文科学の学士号を得た。最初のインターンシップはテキサス州上院議員のケイ・ベイリー・ハッチソン(共和党)の事務所であった[1]1999年から2001年まで共和党全国委員会で議会担当部長および委員長上級顧問。2001年から2003年まで大統領特別補佐官および次席部長。2003年からクレイ・ジョンソン英語版の後を継いで大統領補佐官(大統領人事担当)。

2005年3月14日、ブッシュ大統領はパウエルを国務次官補(教育・文化担当)に指名し、ホワイトハウス顧問であったカレン・ヒューズの下に配置、2005年6月24日に上院の承認を受けた。その後コンドリーザ・ライス国務長官はパウエルを国務副次官(公共外交・広報担当)に指定。

2007年5月2日、パウエルは国務省を退き、ゴールドマン・サックスのグローバル・コーポレイト・エンゲイジメント社長に就任。後任の国務次官補には2008年3月19日にゴリ・アメリが就任。

2017年1月12日、ドナルド・トランプ次期アメリカ合衆国大統領により、大統領補佐官兼上級顧問(経済イニシアチブ担当)に指名され、1月20日に着任した[2]。「起業家精神と中小企業の成長、世界経済における女性の地位向上をめぐる新たな取り組み」を支えると報道されている[3]。2018年10月にニッキー・ヘイリー国連大使が年内の辞任を表明した際には、トランプ自身により後継候補の一人とされた[4]

脚注[編集]

  1. ^ MOHAMED KHAIRAT (2017年1月17日). “Meet Dina Habib Powell, the Egyptian-American Appointed by Trump to the White House”. EGYPTIAN STREET. 2017年2月18日閲覧。
  2. ^ Betsy Klein (2017年1月12日). “Meet Dina Powell, Ivanka Trump's woman in the White House”. CNN. 2017年2月18日閲覧。
  3. ^ Dakin Campbell; Jennifer Jacobs (2017年1月13日). “ゴールドマンのディナ・パウエル氏を米大統領補佐官に指名”. Bloomberg. 2017年2月18日閲覧。
  4. ^ “ヘイリー米国連大使が突然の辞任表明 20年大統領選出馬は否定”. BBC News. BBC. (2018年10月10日). https://www.bbc.com/japanese/45806694 2018年10月10日閲覧。 

出典[編集]

公職
先代:
パトリシア・ディスタシー・ハリソン
アメリカ合衆国国務次官補(教育・文化担当)
2005年7月11日 - 2007年6月7日
次代:
ゴリ・アメリ