石川直樹 (探検家・写真家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川 直樹
(いしかわ なおき)
生誕 (1977-06-30) 1977年6月30日(40歳)
東京都渋谷区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程
職業 写真家,作家
著名な実績

七大陸最高峰登頂(2001年)

日本 5人目
世界 85人目
※2001年当時世界最年少記録
8000メートル峰4座(5回)登頂(エベレストに2回登頂)
受賞

さがみはら写真新人奨励賞(2006年)
三木淳賞(2006年)
日本写真協会新人賞(2008年)
講談社出版文化賞(2008年)
開高健ノンフィクション賞(2008年)
東川賞新人作家賞(2009年)
さがみはら写真賞(2010年)

土門拳賞(2011年)
公式サイト www.straightree.com

石川 直樹(いしかわ なおき、1977年6月30日 - )は日本写真家

人物[編集]

2002年9月、早稲田大学第二文学部歴史民俗系専修卒業。2008年3月、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。学位は博士(美術)2008年(平成20年)。多摩美術大学芸術人類学研究所研究員。人類学民俗学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、などをテーマに、作品を発表し続けている。作家・石川淳の孫にあたる。

経歴[編集]

写真集[編集]

著作[編集]

共著[編集]

TV出演[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Qomolangma』”. 2016年6月6日閲覧。
  2. ^ a b 集英社. “最後の冒険家”. 2016年6月6日閲覧。
  3. ^ 講談社. “写真賞”. 2016年6月6日閲覧。
  4. ^ 集英社. “第六回開高健ノンフィクション賞”. 2016年6月6日閲覧。
  5. ^ 毎日新聞社. “土門拳賞”. 2016年6月6日閲覧。
  6. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - Everest South 2011”. 2016年6月6日閲覧。
  7. ^ 石川直樹. “For Everest ちょっと世界のてっぺんまで”. 2016年6月6日閲覧。
  8. ^ a b リトルモア. “石川直樹著『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』”. 2016年6月6日閲覧。
  9. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - Everest South 2012”. 2016年6月6日閲覧。
  10. ^ 石川直樹. “For Everest 2012 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  11. ^ Himalayan Experience. “Newsletters-Manaslu2012#6”. 2016年6月6日閲覧。
  12. ^ 石川直樹. “For Everest 2012 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  13. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Manasul』”. 2016年6月6日閲覧。
  14. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - Everest South 2013”. 2016年6月6日閲覧。
  15. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Lhotse』”. 2016年6月6日閲覧。
  16. ^ 石川直樹. “For Everest 2013 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  17. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - 2014 Expeditions”. 2016年6月6日閲覧。
  18. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Makalu』”. 2016年6月6日閲覧。
  19. ^ 石川直樹. “For Everest 2014 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  20. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - K2 Expedition 2015”. 2016年6月6日閲覧。
  21. ^ a b SLANT. “石川直樹著『K2』”. 2016年6月6日閲覧。
  22. ^ 石川直樹. “For Everest 2015 ちょっと世界のてっぺんまで”. 2016年6月6日閲覧。