石川直樹 (写真家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石川 直樹
(いしかわ なおき)
生誕 (1977-06-30) 1977年6月30日(43歳)
東京都渋谷区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京芸術大学大学院美術研究科博士課程
職業 写真家,作家
著名な実績

七大陸最高峰登頂(2001年)

日本 5人目
世界 85人目
※2001年当時世界最年少記録
8000メートル峰5座(6回)登頂(エベレストに2回登頂)
受賞

さがみはら写真新人奨励賞(2006年)
三木淳賞(2006年)
日本写真協会新人賞(2008年)
講談社出版文化賞(2008年)
開高健ノンフィクション賞(2008年)
東川賞新人作家賞(2009年)
さがみはら写真賞(2010年)
土門拳賞(2011年)

日本写真協会賞作家賞(2020年)
公式サイト www.straightree.com

石川 直樹(いしかわ なおき、1977年6月30日 - )は日本写真家

人物[編集]

幼稚園から高校までを暁星学園で過ごす[1]。2001年9月、早稲田大学第二文学部歴史民俗系専修卒業。2008年3月、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。学位は博士(美術)2008年(平成20年)。2009年、立教大学社会学部非常勤講師。2010年〜2012年、朝日新聞書評委員。人類学民俗学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、などをテーマに、作品を発表し続けている。作家・石川淳の孫にあたる。

経歴[編集]

著作[編集]

写真集[編集]

写真集以外[編集]

共著[編集]

TV出演[編集]

  • 2000年12月10日 MBS情熱大陸
  • 2009年8月18日 NHK視点・論点」子どもたちの写真が教えてくれたこと
  • 2009年12月2日 NHK-BS世界一番紀行」世界で一番大きなサンゴ礁の島 ~キリバス・クリスマス島~
  • 2014年2月8日 NHK-BS「地球アドベンチャー 冒険者たち〈原始のヒマラヤを撮る〉」
  • 2014年9月13日 TBS別冊アサ秘ジャーナル」金のたまごを取材せよ!東京藝術大学
  • 2016年4月13日 NHK視点・論点」旅の道具
  • 2018年8月15日 NHK-BS「異界百名山~体験者が語る不思議な話~」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tokyo Art Navigation”. 公益財団法人東京都歴史文化財団. 2018年11月12日閲覧。
  2. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Qomolangma』”. 2016年6月6日閲覧。
  3. ^ a b 集英社. “最後の冒険家”. 2016年6月6日閲覧。
  4. ^ 講談社. “写真賞”. 2016年6月6日閲覧。
  5. ^ 集英社. “第六回開高健ノンフィクション賞”. 2016年6月6日閲覧。
  6. ^ 毎日新聞社. “土門拳賞”. 2016年6月6日閲覧。
  7. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - Everest South 2011”. 2016年6月6日閲覧。
  8. ^ 石川直樹. “For Everest ちょっと世界のてっぺんまで”. 2016年6月6日閲覧。
  9. ^ a b リトルモア. “石川直樹著『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』”. 2016年6月6日閲覧。
  10. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - Everest South 2012”. 2016年6月6日閲覧。
  11. ^ 石川直樹. “For Everest 2012 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  12. ^ Himalayan Experience. “Newsletters-Manaslu2012#6”. 2016年6月6日閲覧。
  13. ^ 石川直樹. “For Everest 2012 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  14. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Manasul』”. 2016年6月6日閲覧。
  15. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - Everest South 2013”. 2016年6月6日閲覧。
  16. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Lhotse』”. 2016年6月6日閲覧。
  17. ^ 石川直樹. “For Everest 2013 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  18. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - 2014 Expeditions”. 2016年6月6日閲覧。
  19. ^ a b SLANT. “石川直樹著『Makalu』”. 2016年6月6日閲覧。
  20. ^ 石川直樹. “For Everest 2014 ちょっと世界のてっぺんの隣りまで”. 2016年6月6日閲覧。
  21. ^ Himalayan Experience. “NEWSLETTERS - K2 Expedition 2015”. 2016年6月6日閲覧。
  22. ^ a b SLANT. “石川直樹著『K2』”. 2016年6月6日閲覧。
  23. ^ 石川直樹. “For Everest 2015 ちょっと世界のてっぺんまで”. 2016年6月6日閲覧。

外部リンク[編集]