マカルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マカルー
マカルー
標高 8,463[1] m
所在地 ネパールの旗 ネパールコシ県サンクワサバ郡
中華人民共和国の旗 中国チベット自治区ティンリ県
位置 北緯27度53分 東経87度05分座標: 北緯27度53分 東経87度05分
山系 ヒマラヤ山脈
初登頂 1955年5月15日 フランスの旗 フランス
マカルーの位置(ネパール内)
マカルー
マカルー
マカルーの位置(チベット自治区内)
マカルー
マカルー
マカルーの位置(アジア内)
マカルー
マカルー
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

マカルー(Makalu, ネパール語: मकालु)は、ヒマラヤ山脈にあるエベレストの東方約22 kmに位置し、標高は8,463 mで世界第5位。ネパールチベットにまたがり、マカルー・バルン国立公園Makalu Barun National Park)内にある。その山頂は四角錐状になっており、狭い鞍部を挟んだ北側には別の頂であるチョモロンゾ(7,818 m)がある。

登頂史[編集]

マカルーは、急な斜面や切り立った峰などから、世界でも屈指の登りづらい山として知られている。特に西壁は、デスゾーン手前から山頂付近まで部分的にオーバーハングした垂直の岩壁が続くという難しいルートのため、イェジ・ククチカ山野井泰史ヴォイテク・クルティカマルコ・プレゼリスティーブ・ハウスといった一流クライマーの挑戦を退け続け、核心部は未踏となっている[2]ことから「ヒマラヤ最大の課題」とまでいわれている。

  • 1954年春 - マカルー登頂への最初の試みが、アメリカの登山隊によって行われた。彼らは南東からのルートを選択したが、7,100 m地点で嵐に遭い失敗に終わっている。同じ年にジャン・フランコ率いるフランスの登山隊が北東側からのルートで挑戦するが失敗。
  • 1955年5月15日 - 一年前に登頂失敗したフランス隊が再挑戦し、リオネル・テレイとジャン・クジーが初登頂。翌16日にフランコら3人が登頂した。最終的に9人が頂上に立ち、ポーターを除く隊員全員が登頂するという当時のヒマラヤ登山としては異例の成果を収めた。
  • 1970年 - 田中元と尾崎祐一が南東稜ルート初登頂。日本山岳会東海支部隊。原真が登攀隊長を務めた。
  • 1971年 - フランス隊(ロベール・パラゴ隊長)が西稜ルートで初登頂。
  • 1975年10月6日 - スロベニアのマリヤン・マンフレダが無酸素初登頂。
  • 1981年 - ポーランド人のイェジ・ククチカが新ルートで単独登頂した。
  • 1982年 - 韓国の許永浩が山頂でククチカの残置物を発見し登頂を証明した。
  • 1986年 - イタリア人ラインホルト・メスナーが登頂。
  • 1991年10月7日 - ベルニナ山岳会隊の石坂工山野井妙子(旧姓・長尾)が無酸素登頂に成功するも、下山中に嵐に巻き込まれたため、8100m地点で二日間の露営を余儀なくされ、石坂隊員が凍死、山野井隊員が凍傷により手足合わせて18本の指切断の重傷を負う。
  • 1995年 - 日本山岳会隊の竹内洋岳が東稜下部を初登攀。
  • 1997年 - ロシア隊のセルゲイ・ボトロフら5人が西壁ルート初登攀。
  • 2009年 - シモーネ・モロ(イタリア)とデニス・ウルブゴ(カザフスタン)が冬季初登頂

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Makalu” (英語). SummitPost. 2011年10月19日閲覧。
  2. ^ 1997年にロシア隊が登頂しているが、核心部を回避している。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]