笹幸恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笹 幸恵(ささ ゆきえ、1974年 - )は日本ジャーナリスト

略歴[編集]

神奈川県生まれ。大妻女子大学短期大学部卒業。編集記者を経て、2001年にフリーに。流通業のインタビュー記事のほか、ビジネス全般、大学業界などテーマに執筆活動を行う。近年は日本の近現代史をテーマにした執筆活動をおこなっている。

太平洋戦争について教師から教えられた授業内容に疑問を持ち、かつての戦場を自らの目で確かめるため、2005年1月に旧日本軍将兵と共にガダルカナル島を訪問。以後、太平洋各地の戦場だった地域を多数訪問している[1]

これまで慰霊巡拝や取材などで訪れた地は次の通り。

トラック諸島、ポナペ(ミクロネシア連邦)/マリアナ諸島(サイパン・テニアン・グアム)

パラオ諸島(バベルダオブ・コロール・ペリリュー・アンガウル)/ハワイ(オアフ)

マーシャル諸島/ギルバート諸島(タラワ・マキン)/ナウル

パプアニューギニア(ココダ・ウェワク・マダン・ギルワ・ラバウル・ブーゲンビル)

ソロモン諸島(コロンバンガラ・ニュージョージア・ガダルカナル・ツラギ)

タイ(クンユアム)

戦没者の遺骨収容にも取り組んでいる。「ガダルカナル島未送還遺骨情報収集活動自主派遣隊」を2011年に結成して有志を募り、ガダルカナルの攻撃迂回路「丸山道」など密林奥地の遺骨調査を毎年実施している。

2008年、財団法人 特攻隊戦没者慰霊平和祈念協会理事に就任[2]

2009年1月には近現代史研究会(PandA会)を発足させる。

2010年、小林よしのり堀辺正史高森明勅宮城能彦とともに「ゴー宣道場」を創設。創設師範となった[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『店はこうして生まれ変わった!―日本オプティカル店舗再生への挑戦』 (ダイヤモンド社、2004年)
  • 『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋、2007年)
  • 『「白紙召集」で散る―軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社、2010年)
  • 『「日本男児」という生き方』(草思社、2011年)
  • 『映すは君の若き面影(靖国神社遊就館講演録)』(青林堂、2014年)
  • 『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング、2015年)

共著[編集]

  • 山崎里佳)『わが娘を就職で泣かせないための大学選び―就職は大学に入る時点で決まっている!?』 (主婦の友社、2003年)
  • (山崎里佳)『女子高生のための大学選び―就職で泣かない!』 (主婦の友社、2004年)

論文[編集]

寄稿[編集]

  • 『南方の激戦地に散った将兵たちの「慰霊碑」が朽ち果てようとしている』(小学館、「SAPIO」、2005年)
  • 『女たちの「戦争論」61年目の恋文』(小学館、「わしズム19号」、2006年)
  • 『結婚という名の亡霊』(小学館、「わしズム22号」、2007年)
  • 『士は己を知る者のために死す-アッツ島玉砕司令官・山崎保代大佐』(小学館、「わしズム23号」、2007年)
  • 『玉砕の島を巡って』(日本協議会機関紙「祖国と青年」2007年8月号)
  • 『何が戦後か――団塊ジュニアが見た慰霊碑の“いま”』(「やすくに」2008年4月号)
  • 『棄てられた南の島で、戦時日本の「技」と「生きる知恵」を見た』(文藝春秋、「諸君」2008年5月号)
  • 『戦争責任や謝罪より先に、戦後生まれの私たちにはするべきことがあるはず』(文藝春秋、「日本の論点2011」、2010年)
  • 『私の写真館』(産経新聞、「正論」、2011年3月号)
  • 『ティッシュくらい我慢しろ(総力大特集 東北関東大震災 私はこう考えた)』(ワック出版、「月刊ウイル」、2011年5月号)

講演[編集]

  • 2007年8月1日、「戦跡をめぐって、いま思うこと」岐阜女子大学
  • 2008年5月11日、日本青年会議所・関東地区協議会の第2回合同セミナー「青志塾」(赤坂区民センター)
  • 2008年8月15日、「平成20年戦没者追悼祈念講演会」(日本会議大阪支部、英霊にこたえる会大阪府本部主催)
  • 2010年8月15日、「第24回戦没者追悼中央国民集会、各界からの提言」(於:靖国神社)
  • 2011年1月23日、「現代における戦歿者の追悼は如何にあるべきか」(於:靖国神社)
  • 2013年1月10日「玉砕の島をめぐって」(於:陸上自衛隊小倉駐屯地)
  • 2014年2月23日「海外における戦没者慰霊碑と遺骨収容活動の現状」(於・東京都郷友会創立60周年記念シンポジウム)
  • 2015年3月21日「玉砕の島をめぐって」(於:モラロジー研究所 中日本生涯学習センター)
  • 海上自衛隊教育隊における部外講話講師(歴史講話)多数

近現代史研究会(PandA会)[編集]

発足[編集]

  • 平成21年(2009年) 1月

目的[編集]

  • 先の戦争について、戦後世代が理解を深めていくこと。

主な活動[編集]

  • 戦争体験者を招いた聴講会
  • フィールドワークとして国内の戦跡巡り

ゴー宣道場[編集]

  • 第 1回 テーマ「君と僕」(平成22年(2010年) 4月)- 司会
  • 第 2回 テーマ「女系継承は皇統断絶に非ず」(平成22年(2010年) 5月)- 司会
  • 第 3回 テーマ「日本の政治に希望はあるのか?」(平成22年(2010年) 6月)- 司会
  • 第 4回 テーマ「沖縄の歴史と米軍基地を語る作法」(平成22年(2010年) 7月)- 司会
  • 第 5回 テーマ「過去の戦争、現在の戦争」(平成22年(2010年) 8月)- 司会、基調講演
  • 第 6回 テーマ「愛国心と愛郷心を結ぶもの」(平成22年(2010年) 9月)- 司会
  • 第 7回 テーマ「私から公への経路」(平成22年(2010年) 10月)- 司会
  • 第 8回 テーマ「ーアイヌ系日本人からの告発ー」(平成22年(2010年) 11月)- 司会
  • 第 9回 テーマ「中国、台湾、チベット、そしてアメリカを分析せよ」(平成22年(2010年) 12月)- 司会
  • 第 10回 テーマ「日本に “ 新しい夜明け ” は来るのか?」(平成23年(2011年) 1月)- 司会
  • 第 11回 テーマ「若者の現実と夢」(平成23年(2011年) 2月)- 司会
  • 第 12回 テーマ「『大地震』有事と国民」(平成23年(2011年) 4月)- 司会

[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]