宮城能彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮城 能彦 (みやぎ よしひこ、1960年 - ) は、日本の社会学者沖縄大学人文学部教授。専攻は地域社会学

沖縄県那覇市出身。最終学歴は兵庫教育大学大学院教育学研究科修了。 小林よしのり新ゴーマニズム宣言スペシャル・沖縄論』でエフエム那覇喜友名智子とともに沖縄の案内役として登場。

著書・論文・その他の作品[編集]

  • 『誇りある沖縄へ』(共著) 小学館 2008年
  • 『共同店ものがたり』(監修) 株式会社伽楽可楽 2006年
  • 名護市における戦後字公民館の設置と活動」 「名護市における字の組織と運営」

『名護市史 教育』 本編6 2003年

  • 「村落と共同店」 『沖縄大学地域研究所所報』29 2003年
  • 「都市の中のむら-地域自治会と郷友会」 『建築とまちづくり』297 2002年
  • 「那覇市における戦前の社会教育」 「那覇市における戦後初期の社会教育」

那覇市教育委員会編 『那覇市教育史・通史編』 2002年

  • 琉球政府時代の久志村における村落と社会教育」 『沖縄大学人文学部紀要』3 2002年
  • 「昭和戦前期における沖縄の部落会に関する研究」 『沖縄大学人文学部紀要』2 2001年
  • 「戦前の社会教育」 「戦後初期の社会教育」 那覇市教育委員会編 『那覇市教育史・資料編』 2000年
  • 「戸主会議事録に見る地域治会の役割」 『沖縄大学人文学部紀要』2000年
  • 「孤島苦の現在 ( 2 ) 架橋と人口移動」 『沖縄女子短期大学紀要』10 1998年
  • 「孤島苦の現在 ( 1 ) 」 『沖縄女子短期大学紀要』14 1997年

論文

エピソード[編集]

  • 『誇りある沖縄へ』を巡って、小林よしのりへの苛烈な批判者でもある文芸評論家山崎行太郎は、宮城を激しく罵倒している(ブログ『山崎行太郎の毒蛇山荘日記』2008年6月22日)。
  • また、沖縄県出身の芥川賞作家である目取真俊も、自身のブログで宮城を徹底的に批判・罵倒している(ブログ『海鳴りの島から』2008年7月28日、29日、8月3日、22日)。

外部リンク[編集]