ニベア花王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニベア花王株式会社
Nivea-Kao Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 104-0041
東京都中央区新富1-18-1
住友不動産京橋ビル
設立 1971年
業種 化学
事業内容 スキンケア商品等の製造・輸入・販売
代表者 ステファン・デ・ロッカー(代表取締役会長)
松林正人(代表取締役社長)
資本金 2億円
純利益 48億3600万円(2018年12月31日時点)[1]
純資産 53億8600万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 151億1700万円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 80人
決算期 12月
主要株主 バイヤスドルフ・ホールディング・ジャパン 60%
花王 40%
外部リンク https://nivea-kao.jp/
テンプレートを表示

ニベア花王(ニベアかおう)は、世界的なスキンケアブランド「NIVEA」を持つドイツの化粧品会社バイヤスドルフと、日本の日用品・化粧品大手の花王が設立した合弁会社である。ニベア以外にもバイヤスドルフ社のいくつかのブランドを販売する。事業所は、東京都中央区新富

概要[編集]

ニベアNIVEA)は、ドイツ1911年に開発・発売されたスキンケアクリームの世界的トップシェアーを誇るブランドで、現在は世界187カ国で発売されている。なお、ニベアブランドはスキンケアクリーム以外にも多数の種類があるが、シャンプーなどのヘアケアのように、海外で発売されていても日本で発売されていない種類が数多くある。

日本法人のニベア花王は1968年に、ニベア発売元の日本法人「バイヤスドルフ・ホールディング・ジャパン」と花王(当時・花王石鹸)が合弁で出資した会社で、スキンケアクリームを中心に、日焼け止めリップケア制汗剤などを発売している。

現在の発売ブランド・主な商品[編集]

花王製品一覧も参照のこと。

ニベア[編集]

  • ニベアクリーム - 全身用クリーム。ブランドの中心的存在
  • ニベアソフト - 全身用クリーム。ニベアクリームに比べ、練りが柔かい
  • ニベア スキンミルク - 全身用乳液。保湿を目的にしたものの他、美白やひきしめを主眼に置いたものなどがある。かつては「ニベアボディ」ブランドだった
  • ニベア マシュマロケア
  • ニベア クリームケア - 「ニベアクリーム」の成分が配合された商品群に用いられており、洗顔料・ボディウォッシュ・リップバームがある
  • ニベア エンジェルスキン - ボディウォッシュ
  • ニベア デオドラントアプローチ - 制汗・デオドラント
  • ニベア モイスチャーリップ - 高保湿タイプは「ニベア ディープモイスチャーリップ」となる
  • ニベアサン - 日やけ止め。「ニベアクリーム」の成分が配合された「ニベアサン クリームケア」もある
  • ニベアメン - 男性向け

8×4(エイト・フォー)[編集]

制汗剤ブランド。詳細は8×4を参照。

アトリックス[編集]

ハンドクリームブランド。近年はジェルタイプやミルクタイプの商品も発売されている。

過去に発売されたブランド・商品[編集]

  • リベーヌ→リベーヌナチュール→リベーヌナチュールα - 基礎化粧品
  • アゼア - 薬用スキンクリーム
  • セナー - スキンクリーム(花王本体へ販売移行)
  • シャインフローネ - 制汗剤
  • Gym - 男性向け制汗剤
  • ソレア - 薬用ボディローション
  • リマーラ - スプレーコロン
  • クレメイン - 日焼け止めクリーム
  • ハンザプラスト - 救急絆創膏
  • テサ パワーストリップ - 再剥離両面粘着テープ

広告活動[編集]

放送スポンサー[編集]

2005年10月から、日本テレビ水曜ドラマ(22時)に親会社の花王に代って「NIVEA」のスポンサークレジットで提供していた(花王本体が協賛した2006年10月〜12月の『14才の母』は除く)が、2010年4月以後はそのスポンサード枠(原則60秒。まれに90秒。2013年10月から2016年3月(2014年1月期の『明日、ママがいない』は途中降板)まで30秒<各社扱い>)は花王本社に移行(復帰)した。

なお、合弁元の花王が提供している番組(一社提供であるTBSの『A-Studio』など)でもCMが放送されることがある。

イメージキャラクター[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]