田中義人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 義人
出生名 田中 義人
生誕 (1973-09-02) 1973年9月2日(48歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道
学歴 東海大学付属第四高等学校
ジャンル J-POP
職業 ギタリストアレンジャー
担当楽器 ギターサンプラー[1]
活動期間 1999年 -
公式サイト [1]

田中 義人(たなか よしと、1973年9月2日 - )は、ギタリスト音楽プロデューサー等の日本ミュージシャン北海道札幌市出身。

来歴[編集]

1983年、小学5年時にマイケル・ジャクソンの『スリラー』に影響されて音楽にのめり込む[2]

1987年、中学3年時に従兄の影響でギターを始める[2]

高校時代にスラッシュメタルバンド『グスタフ』に加入、メンバーには後にLOUDNESSに加入した鈴木政行も在籍していた[2]

大学中退後、地元でヤマハ音楽教室でギター講師をしていた。

1997年11月にプロを目指し上京。

1999年木村佳代子の推薦でMonday満ちるのバンドへ参加し、バンマスだったGENTAの推薦からbirdのツアーギタリストを務め始める。birdのプロデューサーであった大沢伸一とはその縁で出会う[2]。サックス奏者のルー・タバキンと競演。

2000年、大沢伸一主宰のプロジェクトMondo Grossoに参加。同年6月にリリースされたアルバム『MG4』の大沢と共同プロデュースを手がける。

また、この頃、プロデュース・チームでの活動が目立つようになる。

"Sleepy Tonge"(大沢伸一 (Mondo Grosso) 、野崎良太 (Jazztronik))では、椎名林檎の兄である椎名純平を、

"majestic12"(野崎良太 (Jazztronik))では、JAFROSAX唐沢美帆等を手掛けた。

2004年森山良子 US Jazz Live Tour2004に島健 (piano) カルテットのメンバーとして参加し、NY Blue Note公演にて故マイケル・ブレッカー(sax)と競演。

2006年塩谷哲(ピアニスト)のアルバム『Hands of GUIDO』(グイードの手)を塩谷と共同プロデュース。アルバムの約半数の楽曲は作曲、共作にも関わる。

2007年よりスガシカオのサポートメンバーとして参加。

2013年2月13日、1st Album『THE 12-YEAR EXPERIMENT』をリリース。

2014年、BamBasic Effectribeよりオーバードライブエフェクター「YT-902」を発表(初回18台[3]、2回目30台[4]販売)

2017年10月11日、2015年頃から局所性ジストニアを患い、その後の手術と約1年にわたるリハビリテーションを行ったことで、再起できるようになったことをオフィシャルブログ[5]にて公表。2018年8月6日からは闘病記を『日本経済新聞』日曜日付の医療・健康面に連載した[6]

2018年8月4日、配信限定『Smells Like 44 Spirit』をリリース。スガシカオが歌う『Smells』がSpotify2018年8月13日付バイラルチャートで1位を獲得[7]

2019年3月31日関ジャムテレビ朝日)にて、「プロが本気で選んだ!!カッコいいギタープレイ20選」に、レコーディングに参加した『夏の思い出』が選出。

2019年9月23日東京カリ〜番長のギター主任に就任。

2021年12月8日、2nd Album『TIME』をリリース。


参加バンド・グループ・プロジェクト[編集]

現在活動しているグループ[編集]

TOO-HIGH
  • 札幌時代に結成。メンバーは扇谷研人(Kb)、山田章典(B)、田中栄二(Dr)

 なお、TOO-HIGH Plusでは、上記メンバーに松田肇(G)、 松本圭司(Kb)が加わる。

C.C.KING

 2012年6月15日、1st Album『C.C.KING』をリリース。

 2015年1月22日、2nd Album『C.C.KING II』をリリース。

URBAN GROOVE-FITTERS

 2019年2月7日、『OFFICIAL BOOTLEG Vol.1』をリリース。

 以後Vol.5までリリース。

Flick&Slide
  • 2018年結成。メンバーは大江康太(G)、林あぐり(B)、稲田一朗(Dr)
NU/NC(ヌンク)

 2020年1月16日、『recollection/或る風景の記憶』をリリース。


過去に活動していたグループ[編集]

Bossa Pianikita
  • 1998年結成。メンバーはピアニカ前田(ピアニカ)、坂田学(Dr)、宮田まこと(G.Gt)[8]

 2001年7月18日、1st Album『EL CIELO』をリリース。

 2003年9月3日、2nd Album『ピアニダージ』をリリース。

SUPER SALT BAND

 2013年4月3日、塩谷哲名義で『Arrow of Time』をリリース。


ギタリストとして参加した主なライヴツアー[編集]


関連項目[編集]

他の音楽プロデューサー、ミュージシャン並びにDJとも親交が厚い。

出典[編集]

  1. ^ Interview|田中義人『TIME』変わる時代と変わらないトーンギターマガジン公式 2022年3月2日(2022年4月6日 閲覧)
  2. ^ a b c d Player2013年5月号『DEAR MY PARTNER』株式会社プレイヤー・コーポレーション、2013年4月2日、141-147頁
  3. ^ “YT-902(Limited Edition #3 - #20)”. https://bambasic.exblog.jp/21416769/ 
  4. ^ “YT-902(Limited Edition #23 - #52)”. https://bambasic.exblog.jp/22512755/ 
  5. ^ “【手術から一年】違和感〜発症まで”. https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318505801.html 
  6. ^ 連載初回は【向き合う】ギタリスト 田中義人さん(1)ギターが弾けない 突然の異変(2018年9月9日閲覧)。
  7. ^ 8/13付のSNS人気曲ランキング1位は田中義人DIGLE MAGAZINE Spotifyデイリーバイラルチャート 2018年8月15日 2022年4月7日 閲覧
  8. ^ Guitar Magazine2001年11月号『セッションギタリスト最前線~注目の腕利きプレイヤー8人に急接近』株式会社リットーミュージック、2001年10月13日、32頁

外部リンク[編集]