フェンダー・ムスタング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェンダー・ムスタング
Fender Mustang
Fender Mustang (1968).png
1968年製ムスタング
メーカー/ブランド フェンダー
製造時期 1964年-1982年
1986年-
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 24インチ(609.6mm)又は22.5インチ(571.5mm/初期のみの設定)
フレット 21または22
ネックジョイント ボルト・オン
材質
ボディ アルダー、アッシュ、バスウッドまたはポプラ
ネック メイプル
フィンガーボード メイプルまたはローズウッド
ハードウェア
ブリッジ ダイナミック・ヴィブラート
電気系統
ピックアップ シングルコイル×2
テンプレート | カテゴリ

フェンダー・ムスタング(Fender Mustang)は、1964年に発売開始されたフェンダー社のエレクトリックギター。英語としての発音は「マスタング」がより近いが、慣習的に「ムスタング」 と呼称される。

1982年にアメリカでの生産は終了したが、1986年からフェンダー・ジャパンが生産を開始。現在も販売されている。最近では、アメリカでもクラシック・シリーズ '65 ムスタングと称して、日本より輸入して発売されている。

仕様[編集]

1964年、フェンダーのスチューデントモデルとして登場した。 兄弟機種であるミュージックマスターデュオソニックなどと同じくショートスケールであるが、他のスチューデントモデルには装備されていないトレモロ・ユニット「ダイナミック・ヴィブラート」が搭載されている。軽い力でアームの操作が可能。 また、スイッチの切替によって、アウト・オブ・フェイズ・サウンドを出せるのも特徴。

発売された当初は、22.5インチスケール(571.5mm)に21フレットのものと、24インチスケール(609.6mm)に22フレットのものとの2つの仕様で、塗装はラッカーフィニッシュであった。24インチスケールのネックには、細めのAネックと通常サイズのBネックの2種類がある。

CBSによるフェンダー買収3年後の1968年には、ボディにレーシング・ストライプの描かれたコンペティション・ムスタングが発表され、1974年まで発売された。ボディー材には、アルダーが使われていた。

1974年から1982年に掛けては、アッシュ材を使用。指板は、メイプルとローズウッドを選べるようになっていた。

1986年から、フェンダー・ジャパンよりリイシュー・ムスタングが発売。バスウッド材のMG-69,MG-73/co、ポプラ材のMG-65、そしてアッシュ材のMG-77がある。

派生機種[編集]

ベースバージョンの「ムスタング・ベース」や、ミュージックマスターにムスタングのダイナミック・ヴィブラートを付けたようなギター「ブロンコ」、カート・コバーンがムスタングとジャガーを基にデザインしたギター「ジャグスタング」(カート本人は晩年のわずかな期間のみ使用)、ボディ厚を増し、ダイナミック・ヴィブラートの代わりにシンクロナイズド・トレモロユニットを搭載した、ミディアムスケールの「サイクロン」や「サイクロンII」など、派生機種が数多く存在する。

サウンド[編集]

弾けるような高音域と、その小ぶりなボディーから想像も出来ない暴れまわるようなサウンドを発生させることから多くのミュージシャンに愛用されてきた。60年代には主にサーフ・ミュージックにおいて愛用され、90年代以降はジャガージャズマスターなどと共に、グランジシューゲイザーなどのオルタナティヴ・ロックにおいてカルト的人気を博した。

ムスタングは、他のフェンダー製ギターに比べて仕様が独特なため、サウンドも個性的である。主な特徴としては、1. ショートスケールであるためにサステインが短い、2. 搭載されているシングルコイルの低音は、ややチープである、3. アームは、使う度にチューニングが狂う、などである。これらは難点ともいえるが、一方で長所や個性として捉えると、1については歯切れの良いサウンド、2については低音が薄いために音の抜けは良い、3については軽く触れるだけでアーミングが可能(小指が当たるだけで動くほど軽い)、と考えることもできる。

ピックアップはスイッチングの使い分けにより、2つそれぞれのシングルコイルとは別に、2つを直列にした厚みのある音、フェイズした鼻をつまんだような音と4つのサウンドバリエーションがある。

代表的な使用ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]