スクワイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スクワイアまたはスクワイヤー (Squier) は、フェンダー社が使用しているブランドの1つで、主にフェンダーブランドに比べて安価なエレクトリックギターエレクトリックベースに使用されている。

日本語表記は、スクワイアとスクワイヤーがある。

歴史[ソースを編集]

スクワイア/スクワイヤーのブランド名は、フェンダー社が1965年に買収したメーカーの「V.C. Squier Company」に由来する。フェンダー社は1970年代末から日本製の高品質かつ安価なコピーモデルとの競合に苦しみ、1982年日本神田商会や富士弦楽器製造(現在のフジゲン)と提携して「フェンダージャパン」「スクワイア/スクワイヤー」の2つのブランドを創設した。

スクワイア/スクワイヤーは当初、日本国内専売ブランドであったが、やがてフェンダー社はこれをヨーロッパ向けの廉価ブランドとして利用することを考え、最終的にはフェンダー社の廉価ブランドとして全世界に供給されるようになった。製造国も日本以外に拡大し、これまでにアメリカ韓国インドネシア中国メキシコインドでスクワイア/スクワイヤーが製造されている。

当初ヨーロッパに供給されていたのは、日本国内では「フェンダージャパン」ブランドで販売されていた製品で、「JV」(Japan Vintageの意)シリアルのフェンダージャパン、いわゆる「ジャパンヴィンテージ」に相当する。これは1984年まで供給され、高い評価を受けた。この時期のラインナップは1957年製および1962年ストラトキャスター、1952年製テレキャスター、1957年製および1962年製プレシジョンベース、1962年製ジャズベースの公式コピーモデルである。その後、ロゴが現在の「Squier by Fender」に変更された。

スクワイア/スクワイヤーの製品がアメリカに供給されるようになったのは1983年である。これも自社のアメリカ工場製品では日本製のコピー商品に質と価格で太刀打ち出来なかったフェンダー社の苦肉の策であった。この時に1970年代モデルの製品がラインナップに追加されている。更に「ブレット」(ストラトボディにテレキャスターネックのギター)などの廉価モデルも追加された。

1985年以降は古い時代のモデルの公式コピー以外に、現代的なスペックの製品を販売。2002年には7弦ギター、2006年には「ハローキティ」ストラト(ピンク色のピックガードレスボディにキティちゃんの顔がプリントされたもの。ピックアップはリアにギブソンハムバッカーのみでコントロールは1ボリューム)も発売している。

オリジナル・モデル[ソースを編集]

スクワイア・スーパーソニック
1990年代後半に展開していたスクワイア/スクワイヤー・ビスタ・シリーズ (Squier Vista Series)のひとつとして発売。日本の東海楽器が生産を担当していた。
スクワイア・ジャグマスター

使用ミュージシャン[ソースを編集]

スティーヴ・ロザリー(マリリオン
1985年にロンドンで中古で購入した黒いボディに黒いピックガードのストラトキャスターを1987年から1998年までメインギターとして使用。ピックアップはEMGのSAに換装されている。またわざわざ日本から取り寄せたJVシリアルの黒ボディ・白ピックガードも使用。ロザリーはこのJVを、自分がこれまでに弾いてきたオリジナルのヴィンテージ・フェンダー・ストラトキャスターたちと同じ音が出る銘器と評している。[1]
フランシス・ダナリー(元イット・バイツ
白いボディの日本製スクワイア・ストラトキャスターを使用。ヘッドストックは1970年代型の「ラージヘッド」で指板ローズウッド。リア・ピックアップはディマジオ社のX2Nに換装されている。ちなみに彼のメインギターはこの個体の他、黒いフェンダージャパンのスモールヘッドのストラトキャスター(リア・ピックアップは同じくX2N)、更に「Eat Me in St.Louis」ツアーではフェルナンデス社のFR65(メイプルボディ、メイプルネックにSSHレイアウト、フロイド・ローズトレモロユニット装着でピックガードレスの黒ボディ。ネックおよびヘッドストックも黒塗りつぶし)など日本製ギターばかりである。
ジェフ・ヒーリー
1980年代初期のJVシリアルの黒いストラトキャスターをデビュー時から愛用[2]。ピックアップはエヴァンスに換装。
ロブ・ハリス(ジャミロクワイ
日本製のストラトキャスターを使用。ピックアップはキンマンに換装[3]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]