フェンダー・エスクワイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェンダー・エスクワイヤー
Fender Esquire
Fender Esquire.jpg
メーカー/ブランド フェンダー
製造時期 1950年1969年
構造
スケール長 25.5
フレット 21
材質
ボディ アッシュ
ネック メイプル
フィンガーボード メイプル
ハードウェア
ブリッジ 3サドル(ストリングス・スルー・ボディ・テレ・ブリッジ)
電気系統
ピックアップ シングルコイルx1
ピックアップ(R) シングルコイル・テレ・ピックアップ(アルニコ・マグネット)
テンプレート | カテゴリ

フェンダー・エスクワイヤー (Fender Esquire) は、フェンダーエレクトリックギターである。「エスクワイア」「エスクワイヤ」などとカタカナで表記される場合もある。

歴史[編集]

試作[編集]

エスクワイヤーは、1949年の秋ごろにレオ・フェンダーによって試作され、テレキャスターの原型となった。

初期[編集]

量産初期ロットのボディは安価なパイン材で製作され、節目を隠すため黒色のラッカーで塗装が施された。1950年夏にボディは高品質のアッシュ材に変更され、ブロンドのシースルー塗装となる。

当初はネックにトラスロッドが仕込まれていなかった(レオ・フェンダーは強固なメイプル製ネックにトラスロッドは不要と考えていた)が、ドン・ランドールらの進言により1950年10月からトラスロッドが追加された。ネック背面のトラスロッド用の溝は、通称「スカンクストライプ」と呼ばれるウォルナット製の埋め木で塞がれた(ヘッドにもトラスロッド用の埋め木、通称「ブラウンエッグ」がある)。

発表当初は1ピックアップ仕様と、2ピックアップ仕様が存在したが、1950年に2ピックアップ仕様のモデルが「ブロードキャスター」に改名されたため、「エスクワイヤー」は1ピックアップ仕様のモデルのみに与えられる名称となった。

エスクワイヤー・カスタム[編集]

1959年には、ボディにカスタム・テレキャスターと同様にバインディングが巻かれた「エスクワイヤー・カスタム」が追加、1970年まで製造された。

発表された当初は、「雪かきシャベル」、「弦の付いた板」、「パドル」、「便座のシート」などと酷評されていた。

トーン・セレクター[編集]

外観上はブロードキャスターとほぼ同じではあるが、最大の(回路的な)特徴はトーン・コントロールにある。

現在まで流通しているテレキャスターは一般的に2ピックアップ仕様で、3WAYピック・アップ・セレクターでピック・アップ(フロント、フロント+リア、リア)を選択し、トーン・コントロールは(今までに作製された一部を除いて)全てのピック・アップに有効なスペックに仕上げられている。

それに対しエスクワイヤーはリア・ピック・アップが一つのみのスペックであるため、搭載されている3WAYセレクターの役割が異なり、内部に独自のトーン回路が内蔵されている。

このスイッチは(テレキャスターで言うところの)リア側にするとピック・アップの信号がバイパス状態になり、トーン・ノブを回しても一切の音色の変化がない(ボリュームは有効)。センターの位置にスイッチを動かすとトーン・ノブが効き、フェンダーのほとんどのエレクトリックギターと同じく左に回せば高音がカットされる回路(ハイ・カット)が効くようになる。フロント側を選択するとトーン・ノブの動きに関係なく「トーン0」の状態になり、センター選択時のトーン・ノブを絞りきったときと同様なハイ・カット・サウンドになる。

因みに1ピック・アップ仕様のエスクワイヤーにフロント・ピック・アップを増設して使用しているミュージシャンもおり(後述)、その際には一般的に上記のトーン回路を取り外し、通常のテレキャスターと同じスペックにしている。基本的にはボディがテレキャスターと共通で、ピックアップを取り付けるルーティングが施されているため、フロントピックアップの増設はそれほど難しくはない。

1994年ころにZZトップのギタリスト、ビリー・ギボンズがフェンダーに特注で製作して貰ったエスクワイヤー(何台か作製したらしい)の中に上記のトーン回路とは異なる「トーンはあるが3WAYセレクターが無い」というスペックのモデル(ピック・アップはリアのみ。さらに特注のインレイ(彫刻)等などが挙げられる)があり、当時のアルバム『アンテナ』のレコーディングプロモーション・フィルム内で使用している。

使用ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]