フェンダー・ジャグスタング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェンダー・ジャグスタング
Fender Jag-Stang
Fender Jag-Stang.jpg
メーカー/ブランド フェンダー
製造時期 1994年 - 2001年
2003年 - 2005年
構造
ボディタイプ ソリッド
スケール長 24インチ
フレット 22
ネックジョイント ボルト・オン
材質
ボディ バスウッド
ネック メイプル
フィンガーボード ローズウッド
電気系統
ピックアップ シングルコイルx1、ハムバッカーx1
ピックアップ(F) ヴィンテージ・スタイル
ピックアップ(R) スペシャル・デザイン
コントロール ボリュームx1、トーンx1、ピックアップスイッチx2
カラーバリエーション
ソニック・ブルー、フィエスタ・レッド
テンプレート | カテゴリ

フェンダー・ジャグスタング (Fender Jag-Stang) はフェンダーエレクトリックギタージャガームスタングを合成して作られた。

起源[編集]

ニルヴァーナカート・コバーンが両機の合成機のアイディアをフェンダーに提案し、カスタムショップのマスタービルダーであったラリー・ブルックス (Larry L. Brooks) が2本の左利き用ギターを制作、このうち一本のみがコバーン自身によって使用された。このギターはコバーンを満足させるために多くの調整が必要だったとされており、ニルヴァーナの1994年の『イン・ユーテロ』ツアーのヨーロッパ興行に行く前には、フェンダーに修理のため返送されている。ライブではあまり使用されていない。コバーンは結果に満足しておらず、1994年4月の死に至るまで、完成形には至らなかったとされている。

デザイン[編集]

1つの「ヴィンテージ・スタイル」シングルコイルと「スペシャル・デザイン」ハムバッカーを搭載、それぞれに「オン/オフ/逆相」が選択可になっている。両前作機と同様ダイナミック・ヴィブラートを装備し、24インチのショートスケールネック(コバーンが好むジャガーの正確なレプリカ)である。

ピックアップの貧弱さと全体的な熟練の欠如により、多くの批判を浴びている。

量産はコバーン死後の1995年秋から行なわれ、2001年の製造中止となった2年後、需要を受けフェンダージャパンがリイシューを生産。2005年に再度製造終了した。

使用ミュージシャン[編集]

コバーンのソニック・ブルーのジャグスタングは彼の死後、妻のコートニー・ラブによりR.E.M.のピーター・バックに譲渡された。彼はこのギターを "What's the Frequency, Kenneth?" のヴィデオで使用している。同じR.E.M.のマイク・ミルズはこのギターを、ライヴでコバーンへのトリビュートソングである「レット・ミー・イン」を演奏する際に使用している。この様子はREMのDVD『ロード・ムービー』で見られる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]