ADAM at

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ADAM at
出生名 玉田 大悟(たまだ だいご)
別名 タマスケアット
生誕 (1977-10-26) 1977年10月26日(43歳)
出身地 日本の旗 日本 静岡県浜松市
ジャンル ジャズポップスロック
職業 キーボーディスト
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 2011年 -
レーベル やまねこレコード(2014年
Victor Entertainment2015年 - )
公式サイト ADAM at
著名使用楽器
Roland RD-2000

ADAM at(アダム・アット、本名:玉田 大悟(たまだ だいご)、1977年10月26日 - [1])は、日本のミュージシャンキーボーディスト、および彼のソロプロジェクトの名称。

2016年までは「タマスケアット」名義で活動していた。

来歴[編集]

  • 静岡県浜松市出身。5歳からピアノを始める。[2]
    • 当初は両親の意向で渋々習っておりレッスンをサボることもあったが[3]、父親にThe BeatlesのCDと楽譜を買い与えられてから弾くのが楽しくなったという。[4]
  • 父親の影響でジャズを聴くようになる。その後一時期メタルに没頭するが、SOIL&“PIMP”SESSIONSに感銘を受け再びジャズに転向。[2]
  • 高校卒業後は一般企業で営業職のサラリーマンとして働いていた。その後退職し、イベント会社のスタッフ・コンサート会社の企画担当を経てイベンターとして独立する。[3]
  • 初舞台は自身が主催したイベントのO.A.。その後本格的にソロプロジェクトとして始動、インストバンド「ADAM at」を結成。タマスケアット名義で唯一の正規メンバーとして在籍し、他メンバーは流動的にするという方針をとった。
  • 2014年にミニアルバム『Silent Hill』をリリース。翌年にはフルアルバム『CLOCK TOWER』でVictor Entertainmentよりメジャーデビュー。2019年にはFUJI ROCK FESTIVALに出演した。
  • 2017年からは個人の名義もADAM atに変更している。

その他エピソード[編集]

  • 芸名の由来は苗字のスペルを逆綴りにしたもの(Tamada→adamat→ADAM at)。
  • ADAM atのアルバムの題名は、スプリットアルバムを除き全てホラーゲームから取られている(但し本人はあくまでも「名前が被ってるだけの偶然」と主張している)。[5]
  • 地元・浜松での活動を大切にしており、自身の自主企画やリリースツアーのファイナル公演を浜松のライブハウスで行うことも多い他、2018年からは自身主催のフェス「INST-ALL FESTIVAL」を浜松にある浜名湖ガーデンパークで開催している。
  • 「トワイライトシンドローム」「零」のジャケットイラストは木曜日のフルットとコラボしたもの。作者の石黒正数はADAM atのファンであり、猫をモチーフにした曲も多いことからコラボが実現した。なお、「零」には木曜日のフルットをモチーフにした楽曲「サタデーナイトフルット」が収録されている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 収録曲 備考
1 2015年05月06日 六三四 配信限定
2 2018年10月24日 Dear Mr.Morning
(RETRO FUTURE Remix)
配信限定 チャリティーシングル
売上は全額胆振東部地震の義援金に使用
3 2020年04月29日 最終電車 配信限定 6thアルバム『零』先行シングル

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 オリコン 収録曲 備考
最高位 登場回数
ミニアルバム
1 2014年01月22日 Silent Hill CD
YMNK-1001
Sp 2017年07月26日 Dr.Jekyll CD
VICL-64816
110位 1回 PHONO TONESとのスプリットアルバム
フルアルバム
1 2015年01月21日 CLOCK TOWER CD
VICL-64287
104位 4回
2 2016年01月20日 スウィートホーム CD
VICL-64513
63位 5回
3 2017年01月25日 Echo Night CD
VICL-64712
47位 7回
CD+DVD
VIZL-1106
4 2018年05月09日 サイコブレイク CD
VICL-64995
41位 5回
5 2019年06月19日 トワイライトシンドローム CD
VICL-65211
49位 3回 2020年第12回CDショップ大賞
ジャズ賞受賞
6 2020年05月27日 CD
VICL-65384
35位 2回

参加作品[編集]

  • PHONO TONES×ADAM at『Mr.Hyde』(2017年7月26日
    • 「Mr.Hyde」演奏参加、「シエノとレイン」「やまねこ革命第五番」楽曲提供
  • ADAM at×jizue×Schroeder-HeadzCOLOURS』(2018年4月11日
    • 「COLOURS」演奏参加、「五右衛門新ヴァージョン」「Hang New's High」「Re:Ppin」楽曲提供

タイアップ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

監督 作品
坪井隆寛 「Echo Night」
鈴木淳 「共鳴ディストラクション」 「Install」「Dancer In The Lake」
加藤マニ 「Days」
不明 「Silent Hill」 「CLOCK TOWER」 「スウィートホーム」

ライブ[編集]

主催ライブ・ツアー[編集]

日程 タイトル 公演スケジュール 備考
2014年 2月22日 - 5月25日 「Silent Hill」リリースツアー
2015年 3月1日 - 6月27日 “CLOCK TOWER” Release Tour 2015
9月21日 - 10月25日 ADAM at 2マンイベントツアー
2016年 4月2日 - 6月25日 “スウィートホーム” Release Tour 2016
2017年 4月8日 - 6月25日 Echo Night Tour 2017 初の全公演ワンマンツアー
2018年 6月30日 INST-ALL FESTIVAL 2018 初の自身主催フェス
8月21日 INST-ALL Vol.15 学生&20歳以下限定ライブ
9月15日 - 12月24日 「サイコブレイク」リリースツアー
2019年 5月24日 INST-ALL Vol.16
7月7日 INST-ALL FESTIVAL 2019
10月14日 - 12月21日 トワイライトシンドロームツアー2019
2020年 3月19日6月16日 INST-ALL Vol.18
ADAM atメジャーデビュー5周年記念ワンマン
新型コロナウィルス感染症対策のため延期
10月9日 - 12月27日 零ツアー 2020

注釈・出典[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]