丸本莉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸本 莉子
生誕 (1990-05-16) 1990年5月16日(29歳)
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市安佐北区
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 アコースティックギター
活動期間 2007年 -
レーベル AndRec
事務所 古舘プロジェクト
公式サイト http://marumotoriko.com/

丸本 莉子(まるもと りこ、1990年5月16日 - )は、日本シンガーソングライターである。古舘プロジェクト所属。

略歴・人物[編集]

1990年生まれ、広島県広島市安佐北区出身[1]。3人兄妹の長女で、弟(1歳下)と妹(6歳下)がいる[2]。小・中学校時代はバレーボール部に在籍していた[3]

高校2年から音楽活動を開始。2011年に上京。広島ホームテレビ雨のち晴れ』の主題歌に抜擢され、自身が作詞作曲を手がけた「ココロ予報」は広島を中心に話題を集める。都内のライブハウスやストリートを中心に活動する傍ら、広島でのライブ活動も並行して行う。

そんな活動が地元自治体の目にとまり、広島県で最も小さな町である安芸太田町のイメージソング「空」を手掛けることになる。更には、埼玉県広報事業「LOVE bicycle SAITAMA」公式ソングを担当することになり、広島県外の地域ソングも手掛けるようになった。

2012年10月には、広島ホームテレビ『あした記念日』のテーマソングとして「心のカタチ」が起用されている。

2013年8月には音霊にも出演し、着実に関東にも彼女の存在が広がりつつある。2013年9月に自身初となるミニアルバム「ご機嫌ベイベー★」をリリース。この作品が、2013年のレコード大賞新人賞にノミネートされる。2014年には、広島東洋カープの君が代独唱、始球式を務める。

2014年7月にリリースした「歩いてゆけ」は、iTunesのJPOPランキングトップ5にランクイン。同じ広島出身のユニコーンのギタリストである手島いさむとは親交があり、お互いのワンマンライブではゲストとして、多数共演している。

2015年6月10日、ビクターエンターテインメントのデジタル部門が設立した新レーベル「AndRec(アンドレック)」から、第一弾シングル『ココロ予報』で国内初のハイレゾ配信でのメジャーデビューを果たした。[4][5]

同年、高知県観光特使に任命される[6]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

インディーズレーベル
  1. 片思いライダー/ココロ予報(2012年12月5日発売)広島、埼玉限定発売、廃盤
  2. 歩いてゆけ(2014年7月9日発売)
メジャーレーベル(全て配信)
  1. ココロ予報(2015年6月10日発売)[4]
  2. やさしいうた(2015年8月19日発売)[4]
  3. つなぐもの(2015年12月16日発売)
  4. フシギな夢(2016年2月24日発売)
  5. ガーベラの空(2016年8月24日発売)
  6. 誰にもわからない(2016年11月30日発売)
  7. 風(2017年12月6日発売)※カバー
  8. ツバサ(2018年1月17日発売)※カバー

アルバム[編集]

自主制作
  1. ちっぽけなうた(発売日不明)販売終了
  2. ハジマリ(2010年11月6日発売)販売終了
インディーズレーベル
  1. ご機嫌ベイベー★(2013年9月18日発売)※初の全国発売CD、廃盤
メジャーレーベル
  1. ココロ予報〜雨のち晴れ〜(2015年9月16日発売、ミニアルバム)[4]
  2. フシギな夢の中(2016年3月16日発売、ミニアルバム)
  3. 誰にもわからない〜何が幸せ?〜(2016年12月21日発売、ミニアルバム)
  4. ココロノコエ (2017年3月22日発売、アルバム)
  5. COVER SONGS(2018年2月28日発売、カバーアルバム)

ラジオ[編集]

  • FM-FUJI 「Music Spiece+!」 (2016年10月 - 2018年3月)※レギュラーラジオ・月曜日担当
  • FM-FUJI 「Music Spiece!」 (2018年4月 - )※レギュラーラジオ・水曜日担当

交友関係[編集]

同じ広島県出身であるユニコーンのギタリスト手島いさむとは、2014年から毎年ツーマンLIVEや丸本のワンマンLIVEでゲスト出演するなど兄として慕っている。またFRYINGKIDS浜崎貴司とは2015年に丸本莉子がミニアルバムリリースを記念として行ったYoutubeLIVEにて、丸本、手島、浜崎の3人でセッションした事をきっかけに親交を深めている。また広島東洋カープ中田廉とは同い年で、共通の知人を通じて親交がある。2014年に広島にて行われた丸本のワンマンLIVEに、中田がチームメイトの中崎翔太を連れてきた。その時、中崎が丸本の「ご機嫌ベイベー★」を気に入り、2015年から自身の登場曲として使用している。

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
ココロ予報 広島ホームテレビ「雨のち晴れ」テーマソング
安芸太田町イメージソング
片思いライダー 埼玉県広報事業「LOVE bicycle SAITAMA」公式ソング
心のカタチ 広島ホームテレビ「あした記念日」テーマソング
ご機嫌ベイベー★ テレビ朝日「ポータル」9月度エンディングテーマ
岩手朝日テレビ「オン天」10月度エンディングテーマ
そこにあるもの 広島ホームテレビ「地球派宣言」テーマソング
ちっぽけなうた テレビ埼玉「彩の国ニュースほっと」テーマソング
歩いてゆけ 「S-collection」テーマソング
「スポーツボランティア」応援ソング
青春ヒーロー 「埼玉サイクルEXPO」テーマソング
がんばる乙女〜Happy smile again〜 「2016年奥四万十博」テーマソング[6]
フシギな夢 ブルボン「ラシュクーレ」CMソング[7]
ガーベラの空 TBSテレビ噂の!東京マガジン」2017年1月 - 3月エンディングテーマ

脚注[編集]

  1. ^ 丸本莉子 リビングひろしま 2018年7月18日閲覧。
  2. ^ 丸本莉子 (2013年3月13日). “みたらしだんご。”. RIKO☆blog. 2013年8月24日閲覧。
  3. ^ 丸本莉子 (2010年4月30日). “(° ∇゜)”. RIKO☆blog. 2013年8月24日閲覧。
  4. ^ a b c d ビクター・デジタル部門が新レーベル設立 丸本莉子が国内初“ハイレゾ配信”デビュー”. ORICON (2015年6月4日). 2015年6月5日閲覧。
  5. ^ 【インタビュー】シンガーソングライター 丸本莉子インタビュー「次は武道館コンサートを目指して活動していきます!」”. WWSチャンネル. 2015年7月11日閲覧。
  6. ^ a b 丸本莉子「ライブもしたい」高知県観光特使に任命”. 日刊スポーツ (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  7. ^ 丸本莉子、桐谷美玲“お嬢様”&高杉真宙“執事”CMソング”. ORICON STYLE (2016年1月22日). 2016年1月22日閲覧。

出典[編集]

外部リンク[編集]