EARTH (世界の終わりのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
EARTH
世界の終わりスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年10月
ジャンル J-POP
インディー・ロック
時間
レーベル ラストラム・ミュージックエンタテインメント
チャート最高順位
世界の終わり 年表
sekai NO oWARi
(2009年)
EARTH
(2010年)
ENTERTAINMENT
(2012年)
『EARTH』収録のシングル
  1. 幻の命
    リリース: 2010年2月10日
ミュージックビデオ
幻の命 - YouTube
虹色の戦争 - YouTube
テンプレートを表示

EARTH』(アース)は、日本のバンド世界の終わりの1枚目のスタジオ・アルバムである。2010年4月7日発売。発売元はラストラム・ミュージックエンタテインメント

また、世界の終わりが本作を引っさげて同年に開催した全国ツアーについても記述する。

背景・制作[編集]

バンド誕生からの2年間、世界の終わりらしさを必死で追求して作ったアルバムだ、と深瀬は語っている[1]

2009年春頃にアレンジが行われ、同年夏に完成した[2]

パッケージ[編集]

初回限定盤のみデジパック仕様で、両盤の初回プレス分には、2010年7月10日に渋谷O-WESTで行われたワンマン・ライブ『Heart the eartH TOUR FINAL!!』の先行予約情報が封入されている[3]

チャート成績[編集]

オリコンの週間ランキングで最高15位を記録し、同チャートには120回登場している[4]

収録曲[編集]

CD
全作詞: 深瀬慧、全編曲:世界の終わり。
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 幻の命 深瀬慧、全編曲:世界の終わり 藤崎彩織
2. 「虹色の戦争」 深瀬慧、全編曲:世界の終わり 深瀬慧
3. インスタントラジオ 深瀬慧、全編曲:世界の終わり 深瀬慧・中島真一
4. 「青い太陽」 深瀬慧、全編曲:世界の終わり 深瀬慧・中島真一
5. 「死の魔法」 深瀬慧、全編曲:世界の終わり 深瀬慧
6. 「世界平和」 深瀬慧、全編曲:世界の終わり 深瀬慧
7. 「白昼の夢」 深瀬慧、全編曲:世界の終わり 深瀬慧
合計時間:

楽曲解説[編集]

1.幻の命
インディーズ・シングル「幻の命」表題曲。
2.虹色の戦争
日常の中に存在する矛盾を歌った曲で[5]、出来上がった当時強いメッセージ性を持った楽曲になったので、わざと意味のない詞に替えたものをライブで披露したことがあった[6]。仮タイトルは「人魚姫」で人魚姫の曲だった[7][8]
3.インスタントラジオ
インディーズ・シングル「幻の命」収録曲。
4.青い太陽
原曲の演奏時間は約8分だったが、レコーディング直前に一部カットされた[2]
6.世界平和
歌詞の最後の「神様人類を滅ぼしてください」の部分は、「殺してください」だった[2]
この楽曲のアレンジだけやっている期間が半年ほどあり、アレンジは約50パターンある[2]
7.白昼の夢
インディーズ・シングル「幻の命」の収録曲「白昼の夢 (at club EARTH)」のスタジオ音源[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

「幻の命」と「虹色の戦争」は、ともに小林基己が監督を務めた[10][11]YouTubeでの公開は、「幻の命」が2010年3月23日[12]、「虹色の戦争」は2011年4月11日[13]

ツアー[編集]

Heart the eartH TOUR
世界の終わり の ツアー
初日 2010年4月7日
最終日 2010年7月10日
公演数 22[14]
世界の終わり ツアー 年表
Heart the eartH TOUR
(2010年)
秋のワンマンツアー2010
(2010年)

Heart the eartH TOUR』は、世界の終わりが2010年春 - 夏にかけて開催した初の全国ツアー[14]。最終公演は、『Heart the eartH TOUR FINAL!!』と銘打って開催された。

日程[編集]

公演日 都道府県 会場
2010年4月7日 東京都 下北沢CLUB QUE
2010年4月9日 SHIBUYA CLUB QUATTRO
2010年4月17日 タワーレコード渋谷店
2010年4月22日 広島県 広島CAVE-BE
2010年4月24日 福岡県 福岡DRUM LOGOS
2010年4月25日 大阪府 大阪2nd Line
2010年4月27日 神奈川県 横浜BBストリート
2010年5月5日 京都府 京都MOJO
2010年5月7日 福井県 福井CHOP
2010年5月8日 富山県 富山SOUL POWER
2010年5月10日 石川県 金沢VAN VAN V4
2010年5月12日 新潟県 新潟JUNK BOX mini
2010年5月13日 長野県 長野J
2010年5月14日 愛知県 名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
2010年5月16日 大阪府 大阪sound-channel
2010年5月17日 兵庫県 神戸STARCLUB
2010年5月21日 山梨県 甲府KAZOO HALL
2010年5月22日 東京都 八王子MatchVox
2010年5月30日 新木場若洲公園 (ROCKS TOKYO)
2010年6月1日 宮城県 仙台MACANA
2010年6月4日 北海道 札幌Sound lab mole
2010年7月10日 東京都 渋谷O-WEST

セットリスト[編集]

2010年6月4日[15]

  1. 青い太陽
  2. 虹色の戦争
  3. 天使と悪魔 (新曲)
  4. 死の魔法
  5. 幻の命
    (アンコール)
  6. インスタントラジオ


2010年7月10日[16]

  1. 青い太陽
  2. 虹色の戦争
  3. 天使と悪魔
  4. 世界平和
  5. 白昼の夢
  6. 死の魔法
  7. 幻の命
    (アンコール)
  8. 夢 (新曲)
  9. インスタントラジオ

出典[編集]

  1. ^ INTERVIEW(6) -闘うなら、この4人がベスト(TOWER RECORDS・2010年3月31日)
  2. ^ a b c d INTERVIEW(5) -話が暗いんだから、曲は面白くしなきゃ(TOWER RECORDS・2010年3月31日)
  3. ^ 世界の終わり、新作初回盤にワンマン先行情報封入(ナタリー)
  4. ^ 「ENTERTAINMENT」SEKAI NO OWARI(ORICON STYLE)2014年9月6日閲覧。
  5. ^ INTERVIEW(4) -歌詞は情景描写みたいなもの(TOWER RECORDS・2010年3月31日)
  6. ^ 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2010年5月号 P201
  7. ^ 雑誌『ROCKIN'ON JAPAN』2015年2月号 p42
  8. ^ セカオワLOCKS!(2014年6月13日)
  9. ^ 世界の終わり、4月7日にデビュー・アルバム『EARTH』(RO69・2010年2月10日)
  10. ^ SPACE SHOWER TV ミュージックビデオリサーチ(SPACE SHOWER NETWORKS INC.)
  11. ^ SPACE SHOWER TV ミュージックビデオリサーチ(SPACE SHOWER NETWORKS INC.)
  12. ^ 世界の終わり「幻の命」MV(YouTube)
  13. ^ 世界の終わり「虹色の戦争」MV(YouTube)
  14. ^ a b 世界の終わり、4月より全国ツアー『Heart the eartH Tour』へ(RO69・2010年3月11日)
  15. ^ 雑誌『ROCKIN' ON JAPAN』2010年8月号132 - 135ページ
  16. ^ ライブレポート 世界の終わり "Heart the eartH Tour" @渋谷O-WEST(mFOUND)