アリス=紗良・オット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アリス=紗良・オット
Alice Sara Ott 2013.jpg
2013年、香港シティホール
基本情報
生誕 (1988-08-01) 1988年8月1日(34歳)
出身地 西ドイツの旗 西ドイツミュンヘン
学歴 モーツァルテウム音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
公式サイト 公式サイト

アリス=紗良・オット(アリス=サラ・オット、Alice-Sara Ott、1988年8月1日 - )は、ドイツミュンヘン出身のクラシック音楽ピアニスト。ピアニストのモナ=飛鳥・オットは実妹。

人物[編集]

ドイツ語圏を中心とする地域でのピアノコンクール優勝経験を持つ。オーストリアザルツブルク・モーツァルテウム大学でカール=ハインツ・ケマリンクに師事。

父親がドイツ人、母親が日本人日本語ドイツ語英語を流暢に話せる。日本語はミュンヘン日本人学校で身につけた[1]

2008年にはドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ。

2017年5月23日放送の『セブンルール』(関西テレビ)では以下の「ルール」が紹介された[2]。本番前は指を温めるためにルービックキューブを揃える[3]。ステージの上では裸足、家でクラシックは聴かない(番組の取材時には自室でサザンオールスターズを聴いていた)、買い物はインターネットで、ウイスキーはストレート、待ち時間は極力作らない、練習するより経験する、らしい。

2019年2月15日、多発性硬化症と診断されていたことを自身の公式サイトとSNSアカウントで公表した[4][5]

2022年は活動を再開させている[6]

受賞歴[編集]

  • 1995年 ドイツ連邦青少年音楽コンクール優勝。
  • 1997年 スタインウェイ国際コンクール優勝。
  • 1998年 イタリア・リゲティ国際コンクール優勝。
  • 1999年 ハンブルク・スタインウェイコンクール優勝および特別観客賞受賞。
  • 2000年 グロートリアン・シュタインヴェークピアノコンクール優勝。
  • 2001年 カール・ラングピアノコンクール優勝。
  • 2002年 カール・ラングピアノコンクール優勝。
  • 2003年 リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージックコンクール優勝、ケーテン・バッハ・青少年コンクール優勝および市長特別賞受賞。バイロイト音楽祭に招かれ、ワーグナー愛用のピアノを使用してリサイタルを開催。
  • 2004年 イタリア・シルヴィオ・ベンガーリ・コンクール優勝(史上最高得点)、中村紘子の招きにより日本でのデビューを果たす。ドイツのramレーベルよりCDデビュー。
  • 2005年 ヨーロッパピアノ指導者連盟コンクール優勝。
  • 2010年 「クラシック・エコー・アワード2010」にてヤング・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。

ディスコグラフィ[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ルージュクリスタル(2010年、オルビス
  • 《Behind the scene》The new Audi A8スペシャルサイトムービー(2014年、Audi

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2010年1月3日放送「アリス=紗良・オット(ピアニスト)」情熱大陸 - 毎日放送
  2. ^ 関西テレビ放送. “5月23日(火) | セブンルール | プログラム | 関西テレビ放送 カンテレ” (日本語). https://www.ktv.jp/7rules/program/170523.html 2018年8月8日閲覧。 
  3. ^ アリス=紗良・オット~3月9日(木)フジテレビ系朝の情報番組「とくダネ!」に生出演し、生演奏を披露!
  4. ^ A personal message from Alice” (英語). ALICE SARA OTT (2019年2月15日). 2019年2月15日閲覧。
  5. ^ 人気ピアニストのアリス・紗良・オットさん、難病を公表:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年2月18日閲覧。
  6. ^ クラシック界を席捲する若き天才指揮者が、老舗の名門オケと共に初登場!”. www.tokai-tv.com. www.tokai-tv.com. 2022年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]