Sympa (King Gnuのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sympa
King Gnuスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
ミクスチャー・ロック
オルタナティヴ・ロック
時間
レーベル Ariola Japan
プロデュース 常田大希
チャート最高順位
King Gnu アルバム 年表
Tokyo Rendez-Vous
2017年
Sympa
(2019年)
CEREMONY
2020年
『Sympa』収録のシングル
  1. Flash!!!
    リリース: 2018年7月13日 (2018-07-13)デジタル・ダウンロード
  2. Prayer X
    リリース: 2018年9月19日 (2018-09-19)CD
ミュージックビデオ
「Flash!!!」 - YouTube
「Prayer X」 - YouTube
「It's a small world」 - YouTube
「Slumberland」 - YouTube
「The hole」 - YouTube
テンプレートを表示
映像外部リンク
「King Gnu 2nd ALBUM「Sympa」Teaser Movie」

Sympa』(シンパ)は、日本ミクスチャー・ロックバンドKing Gnuの2枚目のフル・アルバム2019年1月16日Ariola Japanから発売された[5]。また同日に1stアルバム『Tokyo Rendez-Vous』も同じくAriola Japanから再発売された。

概要[編集]

楽曲解説[編集]

「Sympa Ⅰ」, 「Sympa Ⅱ」, 「Sympa Ⅲ」, 「Sympa Ⅳ」
本作にはアルバム全体のコンセプトを意識しながら書かれた曲があまりないので、曲と曲をつなぐためのインタールードとして作られた4つのインスト[9]。使用されているサンプルボイスや無線の通信音は「救助を求めている」ということを表しており、助けを求めているところからアルバムが始まって最後に救出されるという構成になっている[9]
「Slumberland」
Srv.Vinci時代のアルバム『Mad me more softly』に収録されている「PPL」、またその配信限定曲の「都」をアレンジし、「Slumberland」として収録されたアルバムのリード曲で、ボーカルはほとんど常田大希が担当している[9][5][10]マスメディアに対する苛立ちなどが込められているように見える歌詞だが、書いた常田によると何かを批判しているわけではなく、井上陽水の「傘がない」のように「世間で色々な出来事が起こっても自分はそれどころではない」というイメージ[9]。また、本作に収録された理由は、ライブなどで「PPL」を披露していて楽曲が段々変わっていったため、「Slumberland」となって収録されたとの事。WONKの長塚健斗がコーラスで参加。
Flash!!!
1st配信限定シングル。直前の「Slumberland」から続くアグレッシブな流れの中の攻撃的な曲で、同様に歌詞を書いた常田のスタンスを表している[9]。配信リリース前からライブで披露されてきた。
「Sorrows」
グランジっぽいギターとドラムのストレートな8ビートに対してベースがどんどん動いていくというアグレッシブなサウンドと内省的な歌詞のコントラストが印象的な楽曲[6]。Cメロのパートとギターソロは後から付け足された[6]。また、楽曲制作当初、Prayer XのかわりにBANANA FISHに提供する予定であったが、取りやめた。その後アレンジを加えたものである。新曲である。
「Hitman」
以前からライブで披露されており、やり込まれていた曲にギターソロを入れたことで生まれ変わった楽曲[6]
「Don't Stop the Clocks」
井口理の声を生かすためにアコースティックな編成でレコーディングされた[6]。新曲である。
「It's a small world」
井口に合わせたロマンチックな歌詞の楽曲[9]。ミュージック・ビデオでは井口がダンスを披露している[8]。以前からライブでアコースティックセットでやっていた曲なので、余計な味付けはせずに新井和輝の弾くウッドベースでレコーディングされた[8]。無機的な打ち込みのビートにあえてウッドベースをぶつけることでライトな雰囲気を狙っており、イメージはベーシストの鈴木正人が演奏するUAの楽曲[8]
Prayer X
1stシングル。タイアップ先のアニメに寄り添いつつ、自分たちが演奏していてしっくりくる曲に仕上げている[8]
「Bedtown」
以前からライブで「Catch!!!」という曲名で披露されており、何度もやってきたリズムがかなりファンキーな楽曲で、アルバムに合わせて思い切ってテンポを変えている[注 1]。アレンジはブレイクビーツをイメージしている[8]
「The hole」
アルバムのフィナーレにふさわしい壮大なバラード[8]。常田がJ-POPのバラードを書こうという意識でそれまで疎かったMr.Childrenサザンオールスターズ宇多田ヒカル椎名林檎RADWIMPSなどのJ-POPの名曲を参考にして作った[8]。発売後である2019年5月16日にはMVが公開された。MV内には俳優の清水尋也が出演している。また、メンバーの演奏シーンがない数少ないMVでもある。新曲である。WONKの長塚健斗がコーラスで参加。また、2020年6月19日のミュージックステーションでこの曲を披露し、その熱の篭った演奏から大きな反響を受けた。

収録曲[編集]

Disc1: CD
全作詞・作曲: 常田大希、全編曲: King Gnu。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Sympa Ⅰ」(インストゥルメンタル)常田大希常田大希
2.「Slumberland」常田大希常田大希
3.Flash!!!常田大希常田大希
4.「Sorrows」常田大希常田大希
5.「Sympa Ⅱ」(インストゥルメンタル)常田大希常田大希
6.「Hitman」常田大希常田大希
7.「Don't Stop the Clocks」常田大希常田大希
8.「It's a small world」常田大希常田大希
9.「Sympa Ⅲ」(インストゥルメンタル)常田大希常田大希
10.Prayer X常田大希常田大希
11.「Bedtown」常田大希常田大希
12.「The hole」常田大希常田大希
13.「Sympa Ⅳ」(インストゥルメンタル)常田大希常田大希
Disc2: DVD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Tokyo Rendez-Vous」(King Gnu 1st ONE-MAN LIVE at Shibuya WWW [2018.01.28])  
2.「あなたは蜃気楼」(King Gnu 1st ONE-MAN LIVE at Shibuya WWW [2018.01.28])  
3.「Vinyl」(King Gnu 1st ONE-MAN LIVE at Shibuya WWW [2018.01.28])  
4.「Tokyo Rendez-Vous」(ミュージック・ビデオ)  
5.「McDonald Romance」(ミュージック・ビデオ)  
6.「Vinyl」(ミュージック・ビデオ)  
7.「あなたは蜃気楼」(ミュージック・ビデオ)  
8.「Flash!!!」(ミュージック・ビデオ)  
9.「Prayer X」(ミュージック・ビデオ)  
10.「It's a small world」(ミュージック・ビデオ)  


演奏[編集]

  • 常田大希:Guitar, Cello, Programming, Vocal
  • 井口理:Vocal
  • 新井和輝:Bass
  • 勢喜遊:Drums


  • 江崎文武 (WONK):Piano (6,10,12), Rhodes (2)
  • 長塚健斗 (WONK):Additional Vocal (2,12)
  • 常田俊太郎:Violin (1,2,7,8,12,13)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ライブでやっていた時と比べてBPMを30くらい上げている。

出典[編集]

  1. ^ King Gnu「Sympa」(2019年01月28日付)”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年3月1日閲覧。
  2. ^ Billboard JAPAN Charts Top Albums Sales(2019/01/28 付け)”. Billboard JAPAN. 2019年3月1日閲覧。
  3. ^ Billboard JAPAN Charts Hot Albums(2019/01/28 付け)”. Billboard JAPAN. 2019年3月1日閲覧。
  4. ^ Billboard JAPAN Charts Download Albums(2019/01/28 付け)”. Billboard JAPAN. 2019年3月1日閲覧。
  5. ^ a b c d King Gnu来年1月にメジャーデビューアルバム発売、初の全国ツアーも決定”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年11月21日). 2019年3月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e King Gnu「Sympa」インタビュー 誰よりも高い場所へ、4人が放つ初メジャー作(2ページ目)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月8日). 2019年3月2日閲覧。
  7. ^ *:King Gnuの楽曲“Sorrows”が「アサヒ ドライゼロスパーク」CMソングに起用”. CINRA.NET (2019年2月26日). 2019年3月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h King Gnu「Sympa」インタビュー 誰よりも高い場所へ、4人が放つ初メジャー作(3ページ目)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月8日). 2019年3月2日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h King Gnu「Sympa」インタビュー 誰よりも高い場所へ、4人が放つ初メジャー作(1ページ目)”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年1月8日). 2019年3月2日閲覧。
  10. ^ King Gnu、メジャーデビューアルバムよりリード曲「Slumberland」先行配信”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年12月14日). 2019年3月2日閲覧。

外部リンク[編集]