フクロウの声が聞こえる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フクロウの声が聞こえる」(ふくろうのこえがきこえる)は、小沢健二SEKAI NO OWARIのシングル。 2017年9月6日Virgin Musicよりリリースされた。

フクロウの声が聞こえる
小沢健二とSEKAI NO OWARIシングル
B面 シナモン(都市と家庭)
リリース
時間
レーベル Virgin Music
作詞・作曲 小沢健二
プロデュース 小沢健二
チャート最高順位
小沢健二 年表
流動体について
(2017年)
フクロウの声が聞こえる
(2017年)
アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)
(2018年)
SEKAI NO OWARI 年表
RAIN
(2017年)
フクロウの声が聞こえる
(2017年)
サザンカ
(2018年)
テンプレートを表示

概要[編集]

小沢健二としては、20枚目のシングルとなる。
表題曲、およびカップリングの「シナモン(都市と家庭)」は、2016年に行われた全国ツアー『魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ』で披露された。
ジャケット画は松本大洋の描き下ろしによるもので、前作「流動体について」と同様7インチレコードのサイズでリリースされた。
10月4日には、今作に収録されている「フクロウの声が聞こえる」「シナモン(都市と家庭)」および、前作「流動体について」とそのカップリングである「神秘的」がiTunes Storeにて配信リリースされた。小沢健二の楽曲がデジタル配信されるのはこれが初である。

背景[編集]

2017年7月30日FUJI ROCK FESTIVAL '17に小沢健二が出演し、会場にて「フクロウの声が聞こえる」が9月6日に発売されることが発表された。
9月1日渋谷マルイの壁面に今作の大型広告が掲示され、本作が他アーティストとのコラボレーションであることが明らかになった。 広告では共演アーティストの詳細が隠されており、9月4日張り替えられた広告にて、SEKAI NO OWARIとのコラボレーションであることが発表された。
小沢とSEKAI NO OWARIのメンバーは以前から交流があり、彼らの出会いのきっかけに、SEKAI NO OWARIのFukaseNakajinSaoriと幼馴染であるファンタジスタさくらだと、その夫で、小沢と以前「今夜はブギー・バック」でコラボレーションしたことがあるBoseが関わっていることが明かされている。

収録曲[編集]

全曲、作詞・作曲:小沢健二

  1. フクロウの声が聞こえる
    編曲:小沢健二・SEKAI NO OWARI オーケストラ編曲:服部隆之
    小沢健二とSEKAI NO OWARI名義。
    『魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ』および『FUJI ROCK FESTIVAL '17』で披露されたものとは違ったアレンジとなっている。
  2. シナモン(都市と家庭)
    編曲:小沢健二
  3. フクロウの声が聞こえる instrumental
  4. シナモン(都市と家庭) instrumental

テレビ出演[編集]

小沢健二とSEKAI NO OWARIとして出演

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]