さよならなんて云えないよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さよならなんて云えないよ
小沢健二シングル
初出アルバム『刹那
B面 いちょう並木のセレナーデ (LIVE AT BUDOKAN)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EASTWORLD ⁄ 東芝EMI
作詞・作曲 小沢健二
プロデュース 小沢健二
チャート最高順位
小沢健二 シングル 年表
戦場のボーイズ・ライフ
1995年
さよならなんて云えないよ
(1995年)
痛快ウキウキ通り
(1995年)
テンプレートを表示

さよならなんて云えないよ」(さよならなんていえないよ)は、小沢健二の10作目のシングル1995年11月8日東芝EMIより発売。

解説[編集]

前作「戦場のボーイズ・ライフ」より約6ヶ月ぶりのリリース。

本作に収録の2曲はいずれもオリジナル・アルバムには未収録となっており、2003年に発売された『刹那』でアルバム初収録となった。

2016年11月より放送が開始された大塚製薬ポカリスエットゼリー」のテレビCMでは、吉田羊鈴木梨央によるカバー・バージョンが使用された[1]。このカバー・バージョンのアレンジは鈴木慶一が手がけた。ポカリスエットのキャンペーンサイトでは、先着3000人を対象に無料配信が実施された[2]

収録曲[編集]

全曲 作詞・作曲・編曲:小沢健二

  1. さよならなんて云えないよ NEVER CAN SAY GOODBYE
    小沢が出演した森永製菓「ダース」のCMソング。
    ミュージック・ビデオの監督はタケイグッドマン[3]
    ギターのカッティング・リフは、マイケル・ジャクソンの「ブラック・オア・ホワイト」から引用。
    タモリはこの曲の歌詞を「人生をあそこまで肯定できない」と評価し、好きな曲であることを小沢がテレフォンショッキング出演時に語っている[4][5]
    17thシングル「ある光」には、ジャズ調にアレンジされた音源が「美しさ」というタイトルで収録されている。
  2. いちょう並木のセレナーデ (LIVE AT BUDOKAN)
    1995年のツアー『KENJI OZAWA NATIONAL TOUR '95「VILLAGE」』における日本武道館でのライヴ音源。スタジオ音源は、2ndアルバム『LIFE』に収録されている。
  3. さよならなんて云えないよ (オリジナル・カラオケ)

収録アルバム[編集]

タイアップ[編集]

テレビ出演[編集]

さよならなんて云えないよ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]