THE PIER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

THE PIER』は日本のロックバンドくるりスタジオ・アルバム2014年9月17日にSPEEDSTAR RECORDSからリリースされた。

THE PIER
くるりスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン)
くるり 年表
坩堝の電圧
2012年
THE PIER
2014年
くるりとチオビタ
(2014年)
『THE PIER』収録のシングル
テンプレートを表示

概要[編集]

前作『坩堝の電圧』以来二年ぶりのオリジナルアルバム。前作の多国籍な音楽性をさらに拡大した内容となっている。第7回CDショップ大賞入賞作品[1]

収録曲[編集]

  1. 2034
    インストゥルメンタル曲。次曲と繋がっている。
  2. 日本海
    次曲と繋がっている。
  3. 浜辺にて
  4. ロックンロール・ハネムーン
    iTunes Store限定先行配信シングル及び7インチアナログ盤でリリースされた楽曲。曲間無しで次曲に移る。
  5. Liberty&Gravity
    ファンの間で「変な新曲」として話題になった楽曲。映像作家の田向潤が監督したMVが存在し、このMVはSPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDSの2015年度BEST VIDEO OF THE YEARでグランプリを獲得した。「There is (always light)/Liberty&Gravity」、「There is (always light)/Liberty&Gravity Special Edition」としてシングルリカットされた。次曲と繋がっている。
  6. しゃぼんがぼんぼん
  7. loveless <album edit>
  8. Remember me
    26thシングル。MVが存在する。「wien mix」のバージョンである。
  9. 遥かなるリスボン
  10. Brose&Butter
    曲間無しで次曲に移る。
  11. Amamoyo
  12. 最後のメリークリスマス <album edit>
    27thシングル。MVが存在する。
  13. メェメェ
    半角表記が正式表記[2]
  14. There is (always light)
    MVが存在する。登場するメンバーの服装などが「Liberty&Gravity」のMVと共通している。「There is (always light)/Liberty&Gravity」、「There is (always light)/Liberty&Gravity Special Edition」としてシングルリカットされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]