THE PIER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

THE PIER』は日本のロックバンドくるりスタジオ・アルバム2014年9月17日にSPEEDSTAR RECORDSからリリースされた。

THE PIER
くるりスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン)
くるり アルバム 年表
坩堝の電圧
2012年
THE PIER
2014年
くるりとチオビタ
(2014年)
『THE PIER』収録のシングル
ミュージックビデオ
Liberty&Gravity - YouTube

Remember me - YouTube
最後のメリークリスマス - YouTube
There is(always light) - YouTube

テンプレートを表示

概要[編集]

  • 前作『坩堝の電圧』以来二年ぶりのオリジナルアルバム。第7回CDショップ大賞入賞作品[1]
  • 「さまざまな時代、さまざまな文化の音楽を無尽蔵に取り込んだ」多国籍なサウンドが特徴となっている[2]
  • 岸田は「アヴィーチーの1枚目を聴いて盛り上がって作った」と語っている[3]
  • プリプロダクションは主に京都府北部にある岸田の別宅で行われた。ジャケットはその別宅の近くにて、ファンファンがiPhoneで撮影した写真がもととなっている[4][5]
  • 佐藤は「Remember me」「ロックンロール・ハネムーン」「loveless」「最後のメリークリスマス」などの「いい曲」がタイアップ曲として制作されていたことから、「後は単純に楽しみながら曲を作っていけばいいんじゃない?」とレコーディングに突入したが、「やってみると、とことんやっ」てしまったと語っている[6]
  • 初回盤には7インチサイズのジャケットに加え、300ページを超える全曲の楽譜集、「Liberty&Gravity」のハイレゾ音源をダウンロードできるシリアルコードが付属した[7]
  • 今作のリリースを記念して「くるりワンマンライブツアー2014 〜金の玉、ふたつ〜」が開催された[8]

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「2034」  
2.「日本海」  
3.「浜辺にて」  
4.「ロックンロール・ハネムーン」  
5.「Liberty&Gravity」  
6.「しゃぼんがぼんぼん」  
7.「loveless <album edit>」  
8.「Remember me」  
9.「遥かなるリスボン」  
10.「Brose&Butter」  
11.「Amamoyo」  
12.「最後のメリークリスマス<album edit>」  
13.「メェメェ」  
14.「There is(always light)」  
合計時間:

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.cdshop-kumiai.jp/taisho/archive/07-2015/
  2. ^ くるり ニューアルバム「THE PIER」特設サイト” (日本語). くるり ニューアルバム「THE PIER」特設サイト. 2019年4月8日閲覧。
  3. ^ 岸田繁 (2018年4月20日). “EDMは大型ショッピングモールのニオイがする。良くも悪くも、作るのも聴くのも効率的で合理的な時代の音楽だとオジさんは思う。日本でまだEDMという言葉が一般的でなかった時、既成の枠に囚われない面白楽しい音楽として、アヴィーチーの1枚目を聴いて盛り上がって「The Pier」を作った。” (日本語). @Kishida_Qrl. 2019年4月8日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha. “くるり「THE PIER」インタビュー - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年4月8日閲覧。
  5. ^ Inc, Natasha. “くるり「THE PIER」インタビュー (2/3) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年4月8日閲覧。
  6. ^ くるりの傑作『THE PIER』はいかにして誕生したか?「曲そのものが自分たちを引っ張っていってくれる」” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2019年4月8日閲覧。
  7. ^ くるりの新アルバムは『THE PIER』、初回盤には300P超の楽譜&ハイレゾ音源付き” (日本語). CINRA.NET. 2019年4月8日閲覧。
  8. ^ 「THE PIER」リリース記念・くるりワンマンライブツアー2014 〜金の玉、ふたつ〜 チケット先行予約・一般発売など決定しました” (日本語). くるり / QURULI. 2019年4月8日閲覧。