ラヴぃ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴぃ
リップスライムくるりシングル
リリース
ジャンル HIP-HOP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2006年7月度月間19位(オリコン)
リップスライムくるり シングル 年表
RIP SLYME
Hot chocolate
2006年

くるり
Baby I Love You
2005年
ラヴぃ
2006年

くるりと
リップスライム
Juice
2006年
RIP SLYME
ブロウ
2006年

くるり
JUBILEE
2007年
ミュージックビデオ
ラヴぃ - YouTube
テンプレートを表示

ラヴぃ」は、“リップスライムとくるり”名義で発売したRIP SLYMEくるりコラボレーションシングル2006年7月5日発売。

概要[編集]

DJ FUMIYA自律神経失調症による療養のため、他アーティストとのコラボレーションを中心に活動していたRIP SLYMEの、「BATTLE FUNKASTIC」、「Hey,Brother」に続くコラボレーション第3弾。くるりとしては初のコラボレーションシングルである。

本作とは逆に、“くるりとリップスライム”名義で「Juice」が同日発売された。また、「ラヴぃ」のジャケットと「Juice」のジャケットを横に並べて配置すると一枚の絵となる。

RIP SLYMEが京都にくるりのライブを観に行った際の打ち上げの席で、「こんなのやろうか」と言ったのが曲作りのきっかけである。ちなみに、後日くるりのスタジオに行った時には、既に「ラヴぃ」と「Juice」のデモテープが作ってあったという。

また、その席でRYO-Z岸田繁に「今回はストレートにラブソングをやってみたいと思っている」という旨の話をした際に、岸田が「ふーん、ラヴぃヤツね」と言ったのがタイトルの由来である。

オリコンシングルチャートでは初登場3位を記録。同チャートのトップ3入りは、RIP SLYMEは「Dandelion」以来約2年3ヶ月ぶりとなり、くるりはそれまでの「Baby I Love You」の最高4位を超え、初めてのオリコンシングルチャートトップ3入りとなった。

初回盤のみ豪華ジャケット埋め込み型パネルプレゼント応募券付きのチェンジング・ジャケット仕様。これは「Juice」の初回盤と同じ仕様になっている。

収録曲[編集]

  1. ラヴぃ
    (作詞:RYO-Z, ILMARI, PES, SU 作曲:岸田繁
    作曲をくるりの岸田が担当したこともあり、それまでのRIP SLYMEに無かったようなメロディーの曲。現時点で「Juice」はアルバム未収録であるが、本曲はRIP SLYMEの『EPOCH』に収録されている。PVGROOVISIONが製作している。
  2. ナイトライダー <RIPSLYME ver.>
    (作詞:RYO-Z, ILMARI, PES, SU 作曲:岸田繁)
    Juice』には岸田が歌詞を書き下ろした<QURULI ver.>が収録されている(基本的に演奏とコーラスは同じだが、2番Aメロ終わりにブレイクが入る)。ボーカリスト数が多いために<QURULI ver.>とはミックスを変えている。2010年発売の裏ベスト『BAD TIMES』に収録されている。

外部リンク[編集]